FC2ブログ


スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
 --_--_--


官能小説 寝取られ妻 彩子 一話


さて、今日は何をオカズにシコシコしようかな・・・?
食事を終え風呂に入った私は、自分の書斎と寝室を兼ねた部屋に居た。
妻とは別々の部屋で寝ている。

私達が結婚したのは今から15年前くらいだろうか・・・ここ7~8年の間、セックスレスになってからはお互いを干渉しなくなってきている。
日常会話はあるものの、夫婦二人で何処かに一緒に買い物に出掛けるのも年に一度程度。

私は年齢38歳、どこにでもあるような中小企業で一応管理職として働いている。
妻の彩子は現在36歳で5年前・・・妻が31歳の時にそれまで勤めていた会社を退職し専業主婦をしている。
子供を出産しても育児休暇を取り会社に在籍していた妻だったが、突然・・・辞めると言って会社を退職したのだ。
退職した理由は職場での女性同士のトラブルだそうだ。

子供は中学1年の雅司、小学5年生の美緒の二人。

パソコンの電源をオンにした時、部屋をコンコンとノックする音が聞こえ不用意にガチャッ・・・と扉が開けられた。
入ってきたのは長女。
「パパ一緒に寝よ~」と可愛い声で言ってくる。
最近の小学5年生にしては幼い行動だが、小さい頃より週に何度かは一緒に寝ている。
娘と一緒にベッドに入ると娘を腕枕し頭を撫でながら寝かしつける。
心の中で『後何年・・・いや何か月一緒に寝てくれるかな? 』と思いつつ娘の寝息を聞くと私も眠りに就いた。

夜中、娘が寝返りをすると目が覚めた。
トイレに行きたくなり、ベッドから出る。

廊下を歩き妻の部屋の前を横切ろうとした時、扉の向こうから「こら・・・」と声が聞こえ足が止まった。
その場で固まったように聞き耳を立てる。
妻の声「もう・・・ダメよ・・・パパに見つかったら・・・あんっ・・・口で・・・ねっ・・・口でしてあげるから」
中からボソボソと話す男の声・・・雅司の声だ。

鼓動が周囲に響き渡っているんじゃないかと思うくらいにドクンドクンと激しい音を立て始める。

「ぴちゃっ・・・じゅぼっ・・・じゅるじゅる・・・じゅぼっ」と音が扉の向こうから聞こえてくる。
「ママ・・・いくよ・・・うぅ~」と雅司の低い声が響く。

私は息をするのも忘れて聞き入っていた。
ハッっとして我に返ると、足音を立てずに自分の部屋に戻ってしまった。
『あ~どうしよう・・・まさか妻と息子が・・・』そう思うと溜息を吐き、気持ちを落ち着かせる。

「あっ・・・トイレに行くんだった」そう思いワザと大きな物音を立てながら自分の部屋を出てトイレの扉を閉める。
小便をしながら注意するべきか・・・見過ごすべきか・・・そう思い悩み始めた。
トイレを出ると妻の部屋を気にしつつ自分の部屋に戻り扉を閉めた。

娘を起こさないように静かにベッドに入る。
ベッドに入った私を待っていたかのように娘は私を抱き枕の様にし腕と足を絡めてくる。
いつもは気になっていなかったのだが、先程の妻と息子の事が気になっているせいか・・・娘の存在を変に意識してしまう。
『いかん・・・いかん・・・寝よう・・・明日考えよう・・・』そう思い寝る努力をするが、寝れない。

あの後の妻と息子の事も気になる・・・私が物音を立ててトイレに行った事で今日はあのまま大人しく寝ただろうか・・・それとも・・・。
色んな妄想が頭を過ぎる。
二人の関係はどこまで・・・。

ここで娘が寝返りをし反対の方を向く。
娘のお尻の割れ目が私の股間に押し付けられる・・・『いかん・・・』私は自分の心の声とは裏腹に娘のお尻の割れ目に股間をくっつけたままムクムクと大きく膨らませ始める。
今、娘が目を覚ましたら・・・今までの娘との関係は終わりだな・・・そう思いながらも股間を一層大きくし朝を迎えた。




人気ブログランキングへ







スポンサーサイト
[PR]

[PR]


客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
テーマ : 18禁・官能小説    ジャンル : アダルト
 2015_10_24


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

erohituduma

Author:erohituduma
人妻を題材にした官能小説を書いています。
よろしくお願いします。
コメントなどを頂けると励みになりますm(__)m

エロエロな人妻を観てみませんか?

2000円分の無料ポイントありです♪

憧れのCAとの出会い

PR

QRコード

QR

メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。