FC2ブログ


スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
 --_--_--


官能小説 義父に抱かれる嫁 一話


「明菜さん・・・明菜さん」義父の呼ぶ声が台所のインターフォンから聞こえる。
「はぁ~い。今、行きますねぇ~」嫁として工藤家で同居している明菜34歳は、義父の寝室へと向かう。

応接や座敷を横切り長い廊下を歩くと義父の寝室がある。
長い廊下を歩きながら明菜は『もう・・・もっとコンパクトな家にしてよね・・・せめてこの辺りにお父様のお部屋があれば』そう心の中で思い座敷を横目に柔らかな日差しが降り注ぐ廊下を歩いた。

義父の部屋の前に立ち、コンコン・・・「お父様入りますね」と声を掛け扉を開く。
電動ベッドの背もたれ部分を斜めに起こし外を眺める義父の姿が目に入った。
義父の盛雄(58歳)は、この辺りの土地を東京ドーム3個分所有し農家を営んでいたが、義父の所有する土地が大型ショッピングセンターの建設予定地になり土地を全て売却し多額の収入を得ていた。
長男である明菜の旦那(宗一36歳)は農家ではなく一時間掛けて毎日都市部へ通勤し、サラリーマンとして生きていく事を選んだ。

義父は昨年の冬に病気に掛かり、それから3ヶ月経った今でも、あまり寝室から出る事は無かった。
病名は明菜はもとより長男の宗一にも知らされていない。

「お父様どうなさいました?」丁寧な口調で尋ねる。

豪農だった義父は、とても厳格な性格で嫁いでくる時に夫からも「義父は気難しい性格だから気を付けてくれ」と言われていた。
義父は5年前に妻を亡くしており、現在は再婚する予定もない。

「明菜さんスマンが、この塗り薬を腰と足に塗って欲しいんだが」そう言って塗り薬を明菜に渡すと背を向けてシャツを脱ぐ。
褐色で筋肉質の義父の上半身が明菜の目に映る。
それは細く色白の夫とは対照的だ。

「はい」そう言って塗り薬を受け取り、義父のベッドに片足を着きクリーム状の塗り薬を腰に丁寧に塗っていく。
「もう少し上も・・・もう少し下も」細かな指示を出す義父。
無理な体制で塗り薬を塗らされ、明菜の大きく張り出した胸が義父の腕や肩に触れる。

「次は足に・・・」そう言って義父はズボンを下ろす。
明菜の動きが止まる。
実はこの一ヶ月間、毎日この塗り薬を義父に塗っているが、義父の股間でブリーフを大きく膨らますペニスの跡を見る度に固まったように動きを止めていた。
勃起していない状態でも夫の勃起した状態のペニスよりも大きい。
今まで男性経験の乏しい明菜にとっては未知の大きさだった。
『勃起したら・・・』そう思い欲求不満の明菜は股を熱くする日もある。

10年前の結婚した当初は子作りにも励み、週2~3回あった夜の営みは最近では年2~3回になっている。
明菜は夫の居ない日中に何度も一人でオナニーをし欲求を僅かながらに満たしていた。
明菜には子供が居なかった・・・明菜は子供が出来ない事は8年前に検査をして解っていた。

「明菜さん・・・明菜さん・・・」遠くから声が聞こえた気がしてハッと我に返る明菜。
視線を義父の股間からサッと外すと「足に塗りますね・・・」そう歯切れ悪く言い塗り薬を塗り始めた。

前屈みになり塗る為、明菜の胸元から大きなメロンような張りの良い胸が見える。
時々それを隠すように服を整える明菜。
義父の視線が明菜の胸元に向けられているのを感じる・・・これもいつもの事だったが、明菜はいつもと違う違和感を感じチラッと横目で義父の方へ視線を向けた。





人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
[PR]

[PR]


客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
テーマ : 18禁・官能小説    ジャンル : アダルト
 2015_07_27


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

erohituduma

Author:erohituduma
人妻を題材にした官能小説を書いています。
よろしくお願いします。
コメントなどを頂けると励みになりますm(__)m

エロエロな人妻を観てみませんか?

2000円分の無料ポイントありです♪

憧れのCAとの出会い

PR

QRコード

QR

メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。