FC2ブログ


スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
 --_--_--


官能小説 女上司 祥子 七話


祥子は私をベッドに寝かせると、大きな胸を下に垂らして私にキスをする。
チュッ・・・チュッと私の全身にキスをすると私の乳首に吸い付き舌でグリグリと舐め、ワザと音を立てる様にズズズッと吸う。

祥子の舌は私の臍を舐め、ゆっくりとペニスへと近付く。
私のペニスは既に大きく勃起し、亀頭の先端から我慢汁を溢れさせている。
祥子は私の睾丸を舐め、口の中に吸い込むと舌でクチュクチュと転がす。
ペニスが私の意識とは関係なくビクンッビクンッと動き我慢汁が更に溢れる。

祥子は金玉を舐め吸いながら私の亀頭を摩り、我慢汁を手に塗るとペニスを手で優しく包み動かし始める。
私はあまりの快感で思わず「うぅ・・」と声を漏らして腰を浮かせる。

祥子は上目遣いで私のその動きをみるとペニスの根元から、ゆっくりと舐め上げる。
舌と唇を使い、ゆっくりと動きカリと亀頭を攻める。
レロレロと舌を動かし、亀頭から溢れる我慢汁を糸を引きながら舌で舐めると美味しそうに飲み込んでいく。
そして大きく口を開くと亀頭の先端から徐々にペニスを咥えていった。

人妻の舌技を十分に堪能しペニスを咥えられた私は祥子の体制を変えシックスナインの体制にすると、既に愛液で濡れて光る花弁にむしゃぶりつく。
初めて舐める祥子の愛液と間近で嗅ぐ花弁の匂い。
ペニスを頬張る祥子の口から「んん~ああ~」と声が漏れる。
舌を大きく出して花弁を舐め上げると咥えていたペニスを離し、身体を仰け反らせ「あああぁぁ」と喘ぐ。
私が弄るまでもなくクリトリスは赤く充血しプックリと膨らんでいる。
舌でクリトリスを弄り、指を花弁の中にゆっくり入れると花弁の中を堪能するように指を出し入れさせる。

「あぁぁ~だめッ・・・あんまり弄らないでぇ~私・・・まだイキたくない」そう言ってお尻をを左右に振って悶える。
私はその言葉を無視するように指と舌を動かす。
「ひっ・・・だめ・・・いく・・・いくぅぅ~」私のペニスをギュッと握ると花弁から大量の愛液をポタポタと垂らし、身体を激しく動かすとグッタリと私の上に倒れ込んだ。

祥子の耳元に顔を持って行き「今日はいっぱい愛し合おうね」と私が言うと一度イキ虚ろな表情になっている祥子は「うん」と可愛らしく答えた。
私は祥子にキスすると仰向けの祥子の股を開かせ腰を割り込ませる。
亀頭に愛液をたっぷり塗り込むと腰を沈めていく。

グチュ・・・グチュッと腰を振るたびに卑猥な音を立てる花弁。
祥子は私の唇に吸い付き、私が祥子の口の中に流す唾液を必死に飲み込む。
私が唾液を流すのを止めると、おねだりするかのように舌を入れ私の口の中を犯すように舐める。

私は腰の動きを早くする。
「あああぁぁ~いい~いいぃ~もっと・・・もっと奥に・・・」子宮口を刺激するよう促す祥子。
私が根元までペニスを入れ子宮口が広がるくらいに亀頭を押し当てると激しくガクガクと身体をさせ「ひぃぃぃ~」と身体を大きく弓なりにする。
祥子の胸を揉み、乳首を吸いながらパンパンと腰を激しく打ち付ける。
「祥子・・・いくぞっ」と私が言うと、祥子は私の腰に足を絡めて「お願い中に出して・・・子宮の中に・・・」そう言ってイキ始めると花弁の中を締め付ける。

私は子宮口に亀頭を押し付けると中にドピュッドピュッと精子を大量に子宮の中に注ぎ込んでいく。
身体をガクガクさせながら可愛い顔をグチャグチャに顰め、「あぁぁぁぁ~」と大きな声で出すと私にしがみ付き背中に爪を立てた。

初めての中出し・・・そして熟れた人妻の身体・・・私は益々祥子に夢中になっていくのを感じた。

祥子も私の胸に自分の物としての印を付けるかのように、高校生のようにキスマークを沢山つける。
私はペニスを引き抜こうとすると「抜いちゃイヤ・・・このままがイイの」と言って私を離さない。

時計を見るとまだ21時・・・まだまだ夜はこれからだった。

夜中の1時・・・祥子は私の上で腰を振っている。
花弁から止めどなく溢れる愛液と3回も中出しされた精子をを垂らし、ベッドのシーツは大量のお漏らしをしたかのように濡れている。
口を半開きにし、口元から涎を垂れて中毒患者の様になっている。
花弁は捲れ上がり何度もペニスで擦られ赤黒く充血させていた。

私は体力の限界が近づき、最後の力を振り絞り下から祥子をガンガンと突き上げる。
私の手で腰を支えられ身体をぐらんぐらんと動かし白目を剥き始める祥子。
私が亀頭を膨らませ4回目の中出しをする準備をすると、白目を剥いていた祥子はハッと意識を戻す。
自分でもびっくりするくらいの4回目とは思えない大量の精子を子宮に勢いよく注ぎ込む。
祥子は「死ぬ・・・じぬぅぅ」と私の胸元に倒れ込み、私の胸の筋肉をギィーっと噛みガクガクと激しく身体を痙攣させ、意識を失ったように眠り始めた。




人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
[PR]

[PR]


客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
テーマ : 18禁・官能小説    ジャンル : アダルト
 2015_07_23


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

erohituduma

Author:erohituduma
人妻を題材にした官能小説を書いています。
よろしくお願いします。
コメントなどを頂けると励みになりますm(__)m

エロエロな人妻を観てみませんか?

2000円分の無料ポイントありです♪

憧れのCAとの出会い

PR

QRコード

QR

メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。