FC2ブログ


スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
 --_--_--


官能小説 従姉 由香里 一話


私(啓太36歳)は親戚の結婚式で、母親の実家のある田舎に来ていた。
この田舎に三泊四日滞在する予定だ。
近くにあるお店といえば車で30分山道を走ったところにあるコンビニエンスストアが一軒あるのみ。
繁華街やスーパーがある市内までは車で1時間はかかる。

見渡す限り山と田んぼと小川が広がる日本の良い風景を残す村。
実は・・・親戚には申し訳ないが、結婚式はどうでも良かった。

目的はただ一つ、従姉の由香里37歳に20年ぶりに会う事。
小さい頃の夏休みは20日くらいは毎年のように母の実家へ滞在し、野山を駆け回り年齢の近かった由香里とずぅ~っと遊んでいた。
由香里は私のファーストキスの相手だ。
最後に会ったのはお互い高校生の時で多感な年頃、お互いを変に意識し、あまり話した記憶が無い。

母親の実家で、お茶を飲み寝っ転がって旅の疲れを癒している私・・・ここまで来るのに車で8時間。
父母は別の部屋で祖父母や親戚達と話しをしている。

寝っ転がってボーっとしている私の頭上に誰かが立っている。
上を向くと由香里だった。
「啓太、久しぶりね~日本にいつ帰ってきたの?」久しぶりに聞く由香里の声。

私は大学を卒業すると外資系の会社に就職し、一年後にはアメリカの本社で仕事をし、昨年ようやく日本支社に転勤になり東京にマンションを借りて生活をしている。
アメリカでの生活が長く、向こうでアメリカ人のガールフレンドや日本人の彼女が出来たりもしたが、多忙で中々上手く恋愛できず未だに独身だった。

「去年ようやく帰って来れたんだよ~由香里も元気にしてたか?」

「私は・・・まぁ色々あったけど何とか元気にやってる」由香里が意味ありげに答える。

母親の話しでは由香里は5年前に離婚し、実家で農家を手伝っているらしい。
子供は出来なかったみたいだ。
「そっか・・・ところでさっきからスカートの中が丸見えだぞ」茶化して言う私。

由香里はバッとスカートを抑えると私の横に回り、蹴りを入れ「相変わらずスケベね~小学の頃から変わってないわ」と顔を少し赤くし照れ笑いする。
「痛いな~腕の骨折れたわ。言わんと眺めてればヨカッタ・・・ははは」私が小学校の時から変わっていない事にホッとしたのか、寝っ転がってる私の横にチョコンと座ると、大学時代の事や、アメリカでの生活の事など色々質問し私の話しを楽しそうに聞く。

由香里は相変わらず綺麗だった。
胸は大きくはないがスタイルは抜群。

色々話し込んでいる内に日が暮れて夕食の時間になる。
親戚10人で食べる夕食は賑やかだった。
慣れない日本酒を沢山飲み、涼みに庭先へ出る。

カエルや鈴虫の鳴く音が響き渡っている。
後ろからジャリっと砂を踏む音が聞こえ振り返ると由香里だった。
「啓太・・・まだ話ししたい事いっぱいあるし夕食済んだらドライブ付き合ってよ」と振り向いた私に言う。

「いいね~俺も由香里と話ししたい事、沢山あるし」そう言いドライブの約束をした。

21時になり夕食と言う名の宴会が終わると、由香里の車でドライブへ出た。




人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
[PR]

[PR]


客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
テーマ : 18禁・官能小説    ジャンル : アダルト
 2015_07_20


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

erohituduma

Author:erohituduma
人妻を題材にした官能小説を書いています。
よろしくお願いします。
コメントなどを頂けると励みになりますm(__)m

エロエロな人妻を観てみませんか?

2000円分の無料ポイントありです♪

憧れのCAとの出会い

PR

QRコード

QR

メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。