FC2ブログ


スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
 --_--_--


官能小説 義母の視線 一章


博史(29歳)は鉄道の駅員。
3年前に美紀(26歳)と結婚した。
美紀は大学教授の助手をしており、新婚当初から帰宅時間も遅く学会等があると研究室で泊まりこむ日もあった。

結婚し二人でマンションを購入し住んでいる二人の家事分担は8対2と博史の方が圧倒的に多い。
美紀もその事を以前から気にかけており、昨年父が他界したこともあり母親の真理子(46歳)に一緒に暮らさないかと誘っている。

博史は自分の家事分担が減るならば・・・と思い賛成した。
博史と義母である真理子はもちろん何度か面識があるが、綺麗な顔立ちではあるが他界した義父の葬儀で寂しげに物静に座っていた真理子の印象が強く残っていた。

何度目かの美紀の誘いにようやく真理子は一緒に住む事を決めた。
他県に住んでいた真理子は自分の住んでいたマンションを売り、荷物をかなり処分したのか驚くほどの荷物の少なさで引っ越してきた。
胸元がV字空いたTシャツに下着の線がくっきり移るピタっとしたズボン。
真理子が前屈みになるとV字部分から時折り見える胸の谷間・・・『けっこう胸大きいんだな』そう思いながらチラチラと横目で谷間を楽しみながら引っ越しの手伝いをする。
引っ越し業者が帰っていくと「少し休憩しましょ」と妻の美紀が言いお茶を入れる。
真理子は改まり「博史さん、これからよろしくお願いしますね」と言いながら博史を見て微笑んだ。
真理子の博史を微笑みながら見る視線は深く吸い寄せられるような錯覚に陥る。

博史は照れながら「こちらこそ」と言うと急に喉が渇きお茶を飲み干した。

残りの荷物を3人で片付け終り交代でシャワーを浴びて、初めての3人での食事。
ビールを飲みながらの楽しい一時は過ぎ、真理子が「今日は疲れたからそろそろ寝るわ」と言って自分の新しい寝室へと向かった。
扉をバタンと閉める音が聞こえた。
「私達も寝ましょうか」と言って真理子の寝室の横にある寝室へと二人は向かう。
扉を閉めダブルサイズのベッドに二人で入る。

私は義母の真理子がいるせいか緊張して眠れそうにない・・・妻の美紀は久しぶりに博史と同じタイミングでベッドに入り博史にくっつき求めてくる。
博史の股間を摩りズボンとパンツを下げると、まだ勃起していないペニスを口に含んだ。
隣の寝室が気になる博史は「こらッ」と言いながらも美紀の大きくはないが形の良い乳房を弄る。
美紀の弱点である乳首をコリコリと指で刺激すると、ペニスを咥える美紀の口から「はぁ~はぁ、んんッ」と押し殺したような喘ぎ声が漏れ始める。
口に含まれているペニスは徐々に大きくなり、美紀の口の中に納まりきれなくなっている。
亀頭をピチャピチャ音を立てて舐めながら手でシゴキ始める。
ペニスは更に大きくなり美紀の前でそそり立っていた。

何かに急かされるように二人は着ている服を全て脱ぎ、博史が美紀の上に覆いかぶさる。
愛撫はしていないが既に濡れて光っている花弁にペニスを押し当て一気に奥まで差し込んだ。
口を腕で押さえ「うぅ~んん~」と呻き声を押し殺す美紀。
実の母が隣の部屋で寝ている事で声が出せないもどかしさを感じつつも、徐々に博史のペニスの動きに酔いしれていく。

静かなマンション・・・そして寝室にギシギシとベッドの音が響く。
「あぁあん・・・いい・・・いいわ」と押し殺していた声が徐々に声が大きくなっていく美紀。

愛液でたっぷり濡れた花弁からは『くちゃっ・・・ぴちゃっ』とペニスを動かすたびに音が聞こえる。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
[PR]

[PR]


客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
テーマ : 18禁・官能小説    ジャンル : アダルト
 2015_06_24


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

erohituduma

Author:erohituduma
人妻を題材にした官能小説を書いています。
よろしくお願いします。
コメントなどを頂けると励みになりますm(__)m

エロエロな人妻を観てみませんか?

2000円分の無料ポイントありです♪

憧れのCAとの出会い

PR

QRコード

QR

メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。