FC2ブログ


スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
 --_--_--


官能小説 調教~姉~ 二話


赤ちゃんは2時を少し過ぎた頃、完全に眠りについた。
誠一は赤ちゃんを布団に寝かせると、自分の部屋に戻った。

手の甲に残る姉の胸の感触・・・もっと触ってみたい・・・誠一はそう思いながら眠りについた。

赤ちゃんの泣き声で目を覚ました誠一が一階の居間に向かう。
今日は遅番なので15時から22時まで仕事だ。
既に仕事に行った両親の姿は無く時計を見ると11時30分だった。
「あ~昨晩はありがとうね~」と言うと泣き止まない赤ちゃんを必至で抱っこし揺らす姉がいた。

「俺が抱っこするよ」と誠一が抱っこすると不思議と赤ちゃんは泣き止んだ。
「あら~誠一凄いわね~この子は誠一が好きみたいね~」と姉が誠一の腕を掴み嬉しそうにくっつく。
胸を押し付け肘に当たっているが姉は気にしていない様子だ。
誠一の目線は押し上げられて盛り上がり強調された胸の谷間に向いていた。

誠一はドキドキしながら少し股間を膨らまし、気付かれないようにするのに必死だった。

赤ちゃんが泣き止み誠一の腕の中でスヤスヤと寝始めると、誠一は姉と一緒に昼食を済ませる。
お腹を空かせた赤ちゃんが泣き始めると、姉は誠一の前で平気で胸を出し授乳させ始めた。
「こら・・・ちょっとは気を遣え」誠一がそう言うと、「姉弟なんだし、いいじゃん・・・あ~誠一も飲みたいんでしょ~?」と言って笑って誠一をからかった。
「アホかっ」と言って食器を片付けると自分の部屋に戻り、ドキドキした気持ちを沈める。

姉と接していると頭の中の理性が飛び襲いたく衝動に駆られる自分が居る事に気付いた。

少しベッドで仮眠すると誠一は仕事の準備をし、玄関へ行くと後ろから赤ちゃんを抱っこした姉が見送りに出てきた。
「いってらっしゃ~い」と言ってニコッと笑う姉は綺麗だった。

誠一は赤ちゃんに「いってくるね~」と言うと姉に見送られながら仕事へと向かう。

帰宅すると22時30分。
玄関に入ると赤ちゃんの泣き声が聞こえる。
誠一は身体流してくるわ~と言ってシャワーへと向かう。
シャワーから出てもまだ赤ちゃんの泣き声が聞こえる。
母が抱っこしていた。
父も途中交代したらしいが泣き止まなかったらしい。

姉が赤ちゃんに「パパが来ましたよ~」と言って誠一に抱っこさせる。
「誰がパパだッ」と言いながら抱っこし揺さぶると赤ちゃんは不思議と泣き止んだ。

父も母も「おぉ~」と声を上げ「これは誠一じゃないとダメみたいだな」そう言って笑っていた。
母が「半年間は誠一がパパね~おやすみ~」と言うと父母は寝室へ向かった。

誠一と姉も二階へ上がる。
誠一は赤ちゃんを抱っこして揺らしながら寝付くのを確認すると布団に寝かせて部屋に戻ろうと立ち上がる。
また、赤ちゃんが泣き始めると抱っこし揺さぶった。
泣き止み静かに目を閉じ始める。

姉の昔使っていた椅子に赤ちゃんを抱っこしたまま座る。
姉が膝を付き椅子に座る誠一の前に来ると誠一に膝に体重を掛けて赤ちゃんの顔を覗き込む。
張りのある大きな胸が誠一の太ももに当たる・・・。
シャワーを浴びて直ぐに赤ちゃんを抱っこし始めた誠一はトランクスとTシャツと言う格好だ。

太ももに当たる胸を意識しないようにしていたが、姉が動く度に直に太ももに触る胸の感触に誠一の股間は膨らみトランクスの横から亀頭をはみ出させ始めた。



人気ブログランキングへ




スポンサーサイト
[PR]

[PR]


客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
テーマ : 18禁・官能小説    ジャンル : アダルト
 2015_07_10


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

erohituduma

Author:erohituduma
人妻を題材にした官能小説を書いています。
よろしくお願いします。
コメントなどを頂けると励みになりますm(__)m

エロエロな人妻を観てみませんか?

2000円分の無料ポイントありです♪

憧れのCAとの出会い

PR

QRコード

QR

メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。