FC2ブログ


スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
 --_--_--


官能小説 身代わり妻 一話


平凡な家庭に戦慄を走らせる一本の電話が鳴った。
朝食の食器を洗い終え、パートに出かけようとしている幸子(38歳)。
電話を取ると旦那である伸吾(41歳)の声・・・様子がおかしい。

幸子の「何かあったの?」の問いかけに、伸吾は「事故を起こした・・・今、救急車で相手が病院に運ばれた」と答える。
「あなたは何ともないの?」幸子は動揺しながらも伸吾の身体を気遣った。
伸吾は正面からの衝突でシートベルトとエアバックに守られ無事だった。
しかし相手の車側面から運転席に突っ込み相手の男性は頭から血を流し意識が無い状態らしい。
警察の聴取があるからと言って伸吾は電話を切った。

幸子はパート先に休む事を伝えると事故現場へ向かう。

自宅から10分車を走らせた場所に事故現場があり、旦那と警察が事故現場で検証していた。
旦那の無事を目で確認しホッとする幸子。

車をレッカーで知り合いの自動車販売店に引き取ってもらうと、伸吾と幸子は事故相手が運ばれた病院へと向かった。
病院へ向かう途中の車内で事故が起きた経緯を伸吾が話し始めた。
ほんの一瞬・・・脇見をし、視線を前方に戻すと信号の無い十字路で激突したというのだ。
相手の方が一時停止を無視し突っ込んできたみたいではあるが、伸吾は軽傷で相手は重症・・・嫌な予感がした。

病院へ着くと相手の検査が行われている途中。
保険屋も事故の情報を聞き病院へと駆けつけてくる。

検査の結果が出たようだ。
右手の骨折と眼球の手術が必要と言う内容だった。
右目の眼球にガラスが刺さり、最悪は失明と言う事を聞かされた。

保険屋は「相手の過失が大きいので気にする事ありませんよ」と言うが、右目の失明は伸吾と幸子は深刻に受け止めていた。

手術が終わると「ガラスは取り除きましたが、右目で物を見る事は出来ないでしょう」と医師から言葉を聞くと、幸子の顔が青ざめた。
相手の男性の意識は戻っており、面会は可能との事だが保険屋は後は任せてほしいと言っている。
この手の話しは揉め事になるケースが多いのでと言われるが、人の良い私達は謝罪するかは別として相手の男性と会う事にした。

なるべく謝らないように・・・保険屋にそう言われ、相手の男性である秀人(28歳)が居る病室の扉を開けた。
秀人はベッドを斜めに倒した状態で、外を眺めていた。
右手をギブスで固定し、頭と右目を覆うように包帯が巻かれていた。
病室に入った私達の方に顔を向けてジッと見つめると、「すみません・・・帰ってもらえますか」と言って、また外を眺め出した。
私達は掛ける言葉が見つからず・・・会釈だけをし病室を出て帰宅した。

保険屋に後を任せた。
三日後、秀人は退院したらしい。
しばらく通院が必要だが退院した事を聞くとホッとし、私達は徐々にいつもどおりの生活に戻っていた。

事故から2ヵ月が経ったある日、娘の千夏(17歳)が家に帰ると「今日、駅で変な人が私を見てたのよ。」と家族揃っての夕食中に話し始めた。
男の特徴を聞くと「右目に眼帯をしていた」と聞き・・・背筋が凍る・・・秀人だ。




人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
[PR]

[PR]


客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
テーマ : 18禁・官能小説    ジャンル : アダルト
 2015_07_08


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

erohituduma

Author:erohituduma
人妻を題材にした官能小説を書いています。
よろしくお願いします。
コメントなどを頂けると励みになりますm(__)m

エロエロな人妻を観てみませんか?

2000円分の無料ポイントありです♪

憧れのCAとの出会い

PR

QRコード

QR

メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。