FC2ブログ


スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
 --_--_--


官能小説 清楚な妻の裏側 五話


私のペニスを舐めながら息遣いが荒くなってきている義母のお尻を更に撫でる。
そして私のペニスを全体が温かく包み込まれた。
ジュル・ジュボジュボッと卑猥な音が寝室に響く。

私は先日部下からもらった媚薬があったのを思い出す。
まだ一度も試した事がなく、効果も信じていなかったのでそのままベッド横の棚の中に入ったままだった。

少しずつ義母のスカートの中に手を入れて下着の上から割れ目に指を這わす。
ビクッと激しく身体を動かし「ダメよ・・・」と言うがお構いなしに下着が食い込んでいくくらい強く擦る。
「はぁん・・・」と声を出しとペニスを咥えて動かしている頭が一瞬止まる。

下着を横にずらし指を中に入れ直に花弁に触れた。
腰をくねらせる義母に「もっと音を出して、頭を振って」と命令する。

身体をビクビクさせているが年齢のせいか花弁はまだ濡れていない。
私は媚薬らしい物を指に塗り、花弁とクリトリスを更に弄る。
・・・効き目ないのか・・・反応が変わらないな。
そう思い暫らく花弁とクリを弄り・・・中に指を一本入れる。

ヌチャっと濡れ始めているのが解る。
義母の息遣いが激しくなり「あぁ・・・はぁん・・・」と喘ぎ声が漏れ始めた。
5分後・・・私が指を出し入れし、もう片方の手で垂れた胸を弄っていると、「あぁぁ~熱い・・・もっと激しく指を・・・お願い」とお願いしてくる。
媚薬らしい物の効果なのか?そこは定かでは無かったが「指じゃ物足りないでしょう・・・私のを入れますよ」と言い義母をベッドの上で仰向けにさせる。
義母は「こんな事したら・・・秋代に悪いわ」と言うが股を開き身体は違う動きをする。

ペニスに媚薬を塗り義母の花弁に沈めていく。
10年ぶりのペニスに痛そうな顔をし私にしがみつく。
腰をゆっくり動かす。
義母の表情が変わり始め・・・「あぁ~すごい・すごいわぁ~こんなの・・・いい・・・溶けそう」と花弁をひくつかせている。
10分後「熱い・・・もっと激しく擦って・・・突いて・・・いい・・・いくぅ~ッ」と口元をだらしなく開けて涎を垂らし身体を何度もバウンドさせて果て私にキスを求める乱れた義母の姿があった。
私は射精していなかったが食事会に遅くなると変に思われるので、義母の中からペニスを抜き取る。
義母は息を切らしているが、服の乱れを直すと再び私にキスし、「今度、ゆっくり楽しませて」と言うと先に行った。

私も着替えて後を追うように食事会へ出かけた。
義母が私のペニス・・・媚薬か?の虜になったのを感じ、嬉しい気持ちだった。

食事会の席に着くと嬉しい気持ちも消え失せ・・・重苦しい気持ちへと変化する。
私のテーブルは社長である義父と義母、そして義母の妹。妻のテーブルにはエロ役員の叔父と叔母と息子。
その他に2テーブルあり全部で4テーブル総勢16名。
皆、地元では有名な金持ちであり私はこの空気が嫌で堪らない。

そして食事会が義父の挨拶と乾杯の音頭で始まった。




人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
[PR]

[PR]


客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
テーマ : 18禁・官能小説    ジャンル : アダルト
 2015_07_04


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

erohituduma

Author:erohituduma
人妻を題材にした官能小説を書いています。
よろしくお願いします。
コメントなどを頂けると励みになりますm(__)m

エロエロな人妻を観てみませんか?

2000円分の無料ポイントありです♪

憧れのCAとの出会い

PR

QRコード

QR

メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。