FC2ブログ


スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
 --_--_--


官能小説 清楚な妻の裏側 一話


妻の秋代(40歳)の実家は地元では有名な資産家。
秋代は3姉妹の長女で、私は秋代の家に婿に入った。
婿ではあったが家は広大な敷地の中に2世帯住宅のように建ててあり、食事や風呂も別々でその点は気が楽だった。

私は従業員500名を抱える会社の跡継ぎとして、今は取締役営業本部長をしている。
秋代の父親が社長で、祖父が会長の親族経営企業だ。

秋代は経理部長だが名ばかりで会社に出社するのは月に一度、専業主婦と同じ状態である。

小さい頃からお嬢様として育てられてきた秋代は品が良かった。
顔は芸能人に例えると石田 ゆ〇子に似ており、40歳になっても瑞々しい肌で20代と良く言われる。
25歳の時に長男を出産したが、未だに「張りのあるDカップの胸」「くびれたウエスト」「丸みを帯びたお尻」をしており、会社の人間で秋代に憧れを抱いている人間は多い。
親族であり同じ会社の役員の叔父さん達も胸やお尻を舐めるように見ているのを感じ、夫としては気が気じゃなかった。

ある日、妻の秋代がめずらしく夕食時にビールを飲まないかと言ってきた。
アルコールの弱い私の事を気遣っていつもは進めてこない。
血筋柄、アルコールが好きな秋代は、いつも我慢し普段アルコールを飲まない私に合わせてくれていた。

役職柄、大手の取引先との接待や親戚とのお酒の付き合いは苦痛でしかなかった。
一番苦痛なのは妻の父で社長と飲む時だが・・・。
いつも「なんだ、もう飲めないのか・・・つまらんな」と酩酊しながら寝ていく自分の耳に残る言葉が嫌だった。

秋代は私の横に座ると、私のグラスにビールを注ぐ。
私も秋代にビールを注ぎ二人でグラスを鳴らして乾杯した。

私は以前のまったく飲めなかった時に比べると少しは飲めるようになっていたが、量にすると250mlの缶ビール一本飲めばフラフラになる。
夕食を食べながら妻と飲むビールは美味しかった。
ついつい注がれるまま飲み3杯目を飲むと限界がきて。
キッチンの隣にあるリビングのソファーで寝てしまった。
妻が私に毛布を掛けながら「あらあらお疲れなのね・・・いつもご苦労様」と言ってくれた言葉を聞き嬉しい気持ちのまま眠りについた。

一度酔って寝てしまうと朝までは起きない私。
翌朝、朝日が差し込み明るくなっているリビングで妻に起こされ目を覚ました。

しばらく寝ていたソファーに座りボーっとしていると、昨晩見た夢を断片的に思い出した。

隣のキッチンで食器を洗う妻を後ろから胸を揉み、妻の股間に手を入れ弄っている男。
そして聞き覚えのある声「寝たんだ・・・朝まで起きないね」
妻の声「そうね・・・一度寝たら起きないから・・・焦らないで」
妻より少し大き目の身長・・・息子の健太?

ここで夢が途切れていた。

次はキッチンのテーブルに手を付いてお尻を突き出す妻に、健太が大きなペニスでバックから入れ始めている光景・・・。
そして「健ちゃん・・・大きい・・・いい・・・」と言う声。

また途切れている。

次は膝を付いて仁王立ちする健太のペニスの先から溢れ出る精子を、美味しそうに何度も舐める妻の表情。
見た事の無いイヤらしい表情をしている。
そして「ママ・・・僕の精子そんなに美味しいの?そんなに舐めたら僕のチンチンまた大きくなっちゃうよ」と言う声。
「まだまだ欲しいの・・・健ちゃんのいっぱい頂戴・・・・」

ここから先は夢の内容を思い出す事が出来ない。

酷い夢を見たな・・・そう思い朝食を食べに隣のキッチンへと向かった。
夢の中で妻がお尻を突き出していた場所。

フローリングに濡れたようなシミが残っていた。



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
[PR]

[PR]


客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
テーマ : 18禁・官能小説    ジャンル : アダルト
 2015_07_02


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

erohituduma

Author:erohituduma
人妻を題材にした官能小説を書いています。
よろしくお願いします。
コメントなどを頂けると励みになりますm(__)m

エロエロな人妻を観てみませんか?

2000円分の無料ポイントありです♪

憧れのCAとの出会い

PR

QRコード

QR

メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。