FC2ブログ


スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
 --_--_--


官能小説 上司に誘われて 四話


大きく口を開けて飲み込んでいき、喉元まで来ているのに三木部長のペニスはまだその全てを私の口の中に収めきれない。
私はゆっくりと丁寧に頭を振り始める。
今まであまりフェラチオの経験が無い私。

今まで身体の関係を持ったのは旦那を含めても二人で、どちらもセックスは淡白で指で私を愛撫し入れて出すといった感じのセックスが大半だった。
セックスはこんな感じだ・・・と思い込みあまり好きではなかった。
膣の中をペニスで刺激されて絶頂を迎えた事も無い。
なにより自分のオナニーでしか絶頂を迎えた事が無い私・・・こんなに大きなペニスで突かれたらどうなるのか・・・それを考えフェラチオするだけで花弁から流れ落ちる愛液は床にポタポタと厭らしく滴っていた。

口に含んだペニスは更に固く大きくなると、三木部長は私をベッドに寝かせ股を開かせる。
私の花弁を指でグイッと左右に広げると「イヤらしい匂いがする」と言いソコに舌を這わせいく。
「あ~ダメです・・・洗ってないし・・・いやっ・・・」口だけでの抵抗。
クチャ・・・ニチャッ・・・ズズズズ私の愛液を啜りゴクンと飲み込む。
既に大量の愛液でベトベトの花弁はゆっくりと口を開いて行った。

私の下半身から顔をはなした三木部長は花弁の入り口とクリトリスを亀頭で何度も往復させ大きなペニス全体に行き渡るように私の愛液を塗り込んでいく。
身体を何度もビクン・ビクンッとさせ私はそれだけで絶頂を迎えそうになっていた。

亀頭の先端が花弁の穴でピタッと止まる。
ぐぐっ・・・ずずず・・・私の花弁の入り口が大きく広がりミチミチと音を立て始めた。
「んんん~ああぁぁぁ~~」私は大きな声を出して三木部長の方へ手を伸ばすとしがみ付いた。
膣壁を押し広げ奥へ・・・奥へとゆっくりと進んで行くペニス。
愛液という潤滑剤があっても花弁が裂けそうな痛みが走る。
「いいぎぎぃぃ~~」私は顔をくしゃくしゃにし必死に痛みに耐えた。

私の中を押し広げて進むペニスはついに子宮口に達し、入り口をコンコンとノックする。
身体に電気が走ったような衝撃で私は身体を仰け反らせ身体をガクガクとさせていた。

ゆっくりとピストン運動が始まる。
膣壁を押し広げて進み、中身を抉り取るように引き抜かれる。
その動きはリズミカルで徐々に早くなっていく。
「あんっ・・・あんっ・・・」私を先程まで襲っていた痛みは消え、今までに無い快感で身体がいう事を利かなくなってくる。
花弁の入り口付近の感覚は痺れたように麻痺し、その分子宮口や膣壁でペニスによる愛撫を感じ私は初めて自分の口から「いくっ」と言う言葉を発しビクンビクンと身体を痙攣させた。

私がイッた事で一旦弱まった三木部長のピストン運動は再び早くなり始める。
私は全身をグッタリさせ、その動きに合わせて身体をガクンガクンとさせ、意識を朦朧とさせて宙を舞っているような感覚に酔いしれていた。

何度も何度も膣壁を往復するペニスに徐々に感覚が戻ってくる。
そして更に奥深くへと入れられるペニスで私は「あぁ あああぁぁ~」と口を大きく開けて絶叫する。
激しい快感が身体全身を包み込んでいく。

抱えられると私は騎乗位の体制で更に下から突き上げられた。
パンパンと勢いよく突き上げられ、乳首を口に含まれ舌でコロコロと転がされ、やがて痛みが走る程に噛まれる。
「ひぃぃ~~~」と叫ぶ私。
それを花弁の奥から湧き上がる快感とが中和し、痛みと快感が混じり合い私はブワッと身体から汗を噴出させて白目を剥いて失神し意識を失っていった・・・・。

気が付いた私は三木部長の腕の中で眠っていた。
幸せな気分だった花弁と乳首から心地良い疼きと痛みを感じ、私は三木部長にキスをすると舌を絡めて余韻を楽しんだ。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]


客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
テーマ : 18禁・官能小説    ジャンル : アダルト
 2016_04_25


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

erohituduma

Author:erohituduma
人妻を題材にした官能小説を書いています。
よろしくお願いします。
コメントなどを頂けると励みになりますm(__)m

エロエロな人妻を観てみませんか?

2000円分の無料ポイントありです♪

憧れのCAとの出会い

PR

QRコード

QR

メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。