FC2ブログ


スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
 --_--_--


官能小説 まさか私が堕ちるとは(真美子)六話


あの大きなペニスは誰・・・今更ながらそんな事を考え、夕方になり薄暗くなった室内で激しいオナニーの余韻にひたり、イキまくり敏感になった花弁やクリトリスを指で弄っていた。

いつもはこの時間になると愛液で汚れた身体をシャワーで洗い流し、淫靡な匂いを消すように換気をして息子の帰りを待っていた私だったが、久しぶりに見た男根・・・しかも今 手に握っている太いバイブと同じサイズの今までに見た事も無いようなサイズに完全に頭の中を支配されていた。

片方の指で花弁を両方向にクパァと押し開くと愛液が滴る敏感になっている入り口に太いバイブの先を捻じ込み始めた。
「あぁぁ~~いい~」大きな喘ぎ声を薄暗くなったリビングに響き渡らせる。
更に奥へズブズブと音を立て入れていくと、頭の中は真っ白になっていく・・・。
「いい~~もっと・・・もっと奥まで入れて」そんな喘ぎ声を上げながら太いバイブをジュブジュブと何度も出し入れしていた。

その時、ドサッと何かが落ちる音で私はハッと音のした斜め前に視線を遣った。
そこには学生服を着た息子が呆然とした顔で立っており、あまりの光景にバックを落としたようだった。

「あっ・・・」私は声にならず太いバイブを花弁一杯に飲み込んだ状態で足を閉じ、息子に背を向けた。
身体がブルブルと震えた・・・。
見られた・・・今まで真面目な妻、そして母親として生きてきた私。
そんな私のこんな淫らな姿をよりによって愛する一人息子に見られたのである。

しばらく無言だった息子がゆっくりと私の方へと近づいてくる気配を感じた。
「かあさん」すぐ近くで息子の声が聞こえた。
「ごめんなさい・・・直ぐに着替えるから・・・」そう言ってパニックになりながら起き上がろうと身体を起こそうとするが、大きなバイブが花弁に入ったままだった。
私がその太いバイブを引き抜こうとした瞬間、私の意志とは反対に太いバイブは私の中へと入ってくる。
「あぁぁ」微かに漏れる喘ぎ声。

すると太いバイブを持つ私の手を包み込む様に息子の手が覆いかぶさっており、勢いよく上下に動かし始めた。
私は「だめ~~~いや~~~あぁぁぁ~」と悲鳴に似た声を上げながら、リビングのソファーの上を這うように逃げようとしたが息子にお腹辺りに手を回されがっしりとロックされた状態になる。
息子は更に太いバイブをガシガシと荒々しく動かし始める。
自分の力ではなく、人の力で動かされる太いバイブはもはやペニス以外に考えられないような動きをし始め、私は「はぁぁひぃぃ~~」とよがり声を上げながら身体中をピクピクと痙攣させると下半身から熱い何かを撒き散らして気を失った。

スマートフォンの着信音で目が覚めた私。
ハッと辺りを見渡した。
リビングは明かりがついて明るくなっていた。
乱れ捲れ上がっていた私の衣服は何事も無かったかのように綺麗な状態になっている。
スマートフォンの着信の相手は夫だった。
「今日、残業で帰れないかも・・・」と夫は言うとそのまま電話を切った。
週に1~2回はある事なので夫の事は気にしなかったが、ふと息子の事が気になった。

既に先程まで居たはずの息子の姿は無い。
『食事』私は思い出したようにキッチンへと向かった。
食事の準備をした私は二階に居るであろう息子に声を掛けるか階段下でしばらくためらったが、「御飯よ~」といつもと変わらぬ感じで息子に声を掛けた。

しばらくすると息子が降りてくる。
いつものようにキッチンの椅子に腰かける息子は、普段と変わらないような感じで食事を済ませる。
ただ無言だった。
食事を済ませた息子は「ご馳走様」とだけ言い、そのまま二階へと上がって行った。

私は息子に淫らな姿を見られた後ろめたさと、ふしだらな母を嫌いになったのではという不安感でいっぱいになりながらも食事の後片付けを済ませるとシャワーを浴びて気持ちを落ち着かせるようにリビングでテレビを観始めた。

22時頃、いつもは色々と学校での出来事を話してくれる息子がいない寂しさから私は意を決して息子の部屋へと向かった。
コンコン・・・息子の部屋をノックすると「は~い」と中から息子の声が聞こえ私は中へと入って行った。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]


客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
テーマ : 18禁・官能小説    ジャンル : アダルト
 2016_04_09


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

erohituduma

Author:erohituduma
人妻を題材にした官能小説を書いています。
よろしくお願いします。
コメントなどを頂けると励みになりますm(__)m

エロエロな人妻を観てみませんか?

2000円分の無料ポイントありです♪

憧れのCAとの出会い

PR

QRコード

QR

メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。