FC2ブログ


スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
 --_--_--


官能小説 堕ちる妻 一章


どこにでもある普通の一般的な家庭・・・だった。
あの淫靡な光景を目の当たりにするまでは・・・。


旦那は敦也(41歳)、妻は京子(43歳)。
今から18年前に付き合って半年で敦也の子供を身籠った京子は周囲の反対を押し切り結婚した。
京子の家は裕福で俗に言うお嬢様。
二人の子供を出産し色々悩みは抱えるものの何事にも毅然とし笑顔を絶やさなかった。

子供は姉の彩加(17歳)と弟の雅人(15歳)。
姉の彩加は身体も丈夫で性格も明るく周囲の人気者、弟の雅人は身体は父親に似て大きいが何時も何処かオドオドし姉とは正反対で暗い。
小さい頃はよく姉の後を歩き、姉に守られながら登校していた。
お互いが中学・高校と進学すると一緒に登校する事も無くなる。

彩加が高校に進学すると中学校から続けていたバレーボールに全てのエネルギーを注ぎ込んでいた。

一方の雅人は高校進学前・・・特にやりたい事もない・・・中学校から帰ると毎日自室でパソコン。食事を無言で食べ風呂に入ってまた自室でパソコンで何かをしながら籠る生活。

そんな雅人を見て父親である敦也は「男だったら部屋に籠ってないで外で遊べ」と夕食中に怒鳴った。
気まずい雰囲気を断ち切る様に母の京子は「いろいろ考えたい事があるのよ、ねッ・・・雅人」と言ってフォローを入れる。
雅人は何も言わず頷くと食事を済ませると、部屋のある二階へと消えていった。

敦也は京子の方を見て「あんまり甘やかすなよ・・・あのままじゃ引き籠りになるぞ」そう言うとリビングへ行きテレビを見始めた。
そこに彩加が部活を終え明るい声で「ただいまぁ~」と言って帰ってきた。
家の中が急に明るくなったのを感じ京子はホッとした。

23時30分になると彩加が「おやすみ~」と言って二階へ行き部屋の扉をバタンと閉めた。
部屋の明かりが一つまた一つと消さていく。
最後にリビングの電気を消して一階にある寝室へ向かう京子。
廊下を歩き階段の前で立ち止まる。
二階の雅人が気にかかる『大丈夫かな・・・』そう思ったが、そのまま寝室へと向かう。
先にベッドに潜っている敦也の横に身体を忍ばせた。

敦也の手が京子のお尻を撫でる。
敦也がセックスする時に送る合図。
20年は経過していないが、それに近い年月を敦也と過ごし数えきれない程のセックスを楽しんできた。
子供を産んだ後もセックスレスになった事は一度もない。

京子の花弁の奥は敦也にお尻を触られると勝手に熱くなるように育てられている。
熱くなる原因・・・・敦也と離れられなくなった原因。
身長は180㎝あり大きく肩幅も広いが、どこにでもいる普通の顔。
ただ京子を虜にしたのは敦也のペニスだった。

太くて長く日本人離れしたペニス。
そして大きな亀頭・・・エラの張りも素晴らしく一度見たら目線を反らせなくなりジッと見入った程。
そしてこのペニスに奥まで貫かれ、中をエラで掻き毟られ拡張された花弁はもはや敦也から・・・いやこのペニスから離れられなくなっていく。

京子はベッドの中で自ら着ている物を全て脱ぐと、敦也の胸元に顔を寄せる。
同じように全裸になっている敦也の手が京子の花弁へと向かい既に湿り気を帯びている中へと指を這わす。
小さいが形の良い胸にある黒く変色した大き目の乳首が固く尖っていく。
京子は手で敦也のペニスを握り大きくしようと上下に擦る。
これだけでは勃起はしない。
京子は自ら69の体制になると敦也のペニスを咥える。
ムクムクと大きくなり始めるペニス。
やがて京子は上品で小さい口を顎が外れる大きく口を開けてペニスを咥え頭を上下させる。
顎は疲れてくるが心地良い疲れ。
口から出したペニスに舌を這わせエラの張った亀頭を丁寧に舐めていく。

京子は花弁の奥から次々と愛液が送られ花弁の口を大きく開けては濡れていた。
体制を変えられると亀頭が入れられた。
100回いや1000回いや数えきれない回数、入れられてきたペニス。
拡張された京子の花弁入口だがペニスが入る時はいつも苦しそうである。

構わず奥へとペニスを差し込む。
一度奥まで差し込むとエラで中を擦り掻き毟りながら引き抜く。
京子は身震いしながら「あぁぁ~」と喘ぎ声を押し殺しながら敦也にしがみ付く。
いつものこの行為だけで軽くイッてしまっている。

また奥まで入れられるとリズムよく動き子宮口をノックしエラで中を掻き毟る。
中が擦れて蕩けそうになる・・・ペニスを苦しそうに飲み込む花弁入口の僅かな隙間から愛液が溢れてアナルを伝いシーツを濡らす。
京子は髪を振り乱しながら「ああぁぁ~いぃ~いくぅッ」と押し殺していた喘ぎ声を大きくし身体を痙攣させ果てる。
既に太いペニスに身も心も溶かされた、ただのメスになっていた。
さっきまでの家族の誰かが起きているかも・・・と言う気持ちから声を押し殺していた京子の姿は無かった。

京子がイッたのを確認すると愛液でベトベトになったペニスを引き抜く。
そのまま口元に持って行き口を大きく開けさせ喉の奥を貫くようにペニスを入れ、犯すように腰を振り喉の奥目掛けて射精する。
京子は身体をガクガク痙攣させながら射精された精子を飲み干すと満足そうな顔をして眠りについた。



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
[PR]

[PR]


客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
テーマ : 18禁・官能小説    ジャンル : アダルト
 2015_06_25


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

erohituduma

Author:erohituduma
人妻を題材にした官能小説を書いています。
よろしくお願いします。
コメントなどを頂けると励みになりますm(__)m

エロエロな人妻を観てみませんか?

2000円分の無料ポイントありです♪

憧れのCAとの出会い

PR

QRコード

QR

メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。