FC2ブログ



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
 --_--_--



妻の秋代(40歳)の実家は地元では有名な資産家。
秋代は3姉妹の長女で、私は秋代の家に婿に入った。
婿ではあったが家は広大な敷地の中に2世帯住宅のように建ててあり、食事や風呂も別々でその点は気が楽だった。

私は従業員500名を抱える会社の跡継ぎとして、今は取締役営業本部長をしている。
秋代の父親が社長で、祖父が会長の親族経営企業だ。

秋代は経理部長だが名ばかりで会社に出社するのは月に一度、専業主婦と同じ状態である。

小さい頃からお嬢様として育てられてきた秋代は品が良かった。
顔は芸能人に例えると石田 ゆ〇子に似ており、40歳になっても瑞々しい肌で20代と良く言われる。
25歳の時に長男を出産したが、未だに「張りのあるDカップの胸」「くびれたウエスト」「丸みを帯びたお尻」をしており、会社の人間で秋代に憧れを抱いている人間は多い。
親族であり同じ会社の役員の叔父さん達も胸やお尻を舐めるように見ているのを感じ、夫としては気が気じゃなかった。

ある日、妻の秋代がめずらしく夕食時にビールを飲まないかと言ってきた。
アルコールの弱い私の事を気遣っていつもは進めてこない。
血筋柄、アルコールが好きな秋代は、いつも我慢し普段アルコールを飲まない私に合わせてくれていた。

役職柄、大手の取引先との接待や親戚とのお酒の付き合いは苦痛でしかなかった。
一番苦痛なのは妻の父で社長と飲む時だが・・・。
いつも「なんだ、もう飲めないのか・・・つまらんな」と酩酊しながら寝ていく自分の耳に残る言葉が嫌だった。

秋代は私の横に座ると、私のグラスにビールを注ぐ。
私も秋代にビールを注ぎ二人でグラスを鳴らして乾杯した。

私は以前のまったく飲めなかった時に比べると少しは飲めるようになっていたが、量にすると250mlの缶ビール一本飲めばフラフラになる。
夕食を食べながら妻と飲むビールは美味しかった。
ついつい注がれるまま飲み3杯目を飲むと限界がきて。
キッチンの隣にあるリビングのソファーで寝てしまった。
妻が私に毛布を掛けながら「あらあらお疲れなのね・・・いつもご苦労様」と言ってくれた言葉を聞き嬉しい気持ちのまま眠りについた。

一度酔って寝てしまうと朝までは起きない私。
翌朝、朝日が差し込み明るくなっているリビングで妻に起こされ目を覚ました。

しばらく寝ていたソファーに座りボーっとしていると、昨晩見た夢を断片的に思い出した。

隣のキッチンで食器を洗う妻を後ろから胸を揉み、妻の股間に手を入れ弄っている男。
そして聞き覚えのある声「寝たんだ・・・朝まで起きないね」
妻の声「そうね・・・一度寝たら起きないから・・・焦らないで」
妻より少し大き目の身長・・・息子の健太?

ここで夢が途切れていた。

次はキッチンのテーブルに手を付いてお尻を突き出す妻に、健太が大きなペニスでバックから入れ始めている光景・・・。
そして「健ちゃん・・・大きい・・・いい・・・」と言う声。

また途切れている。

次は膝を付いて仁王立ちする健太のペニスの先から溢れ出る精子を、美味しそうに何度も舐める妻の表情。
見た事の無いイヤらしい表情をしている。
そして「ママ・・・僕の精子そんなに美味しいの?そんなに舐めたら僕のチンチンまた大きくなっちゃうよ」と言う声。
「まだまだ欲しいの・・・健ちゃんのいっぱい頂戴・・・・」

ここから先は夢の内容を思い出す事が出来ない。

酷い夢を見たな・・・そう思い朝食を食べに隣のキッチンへと向かった。
夢の中で妻がお尻を突き出していた場所。

フローリングに濡れたようなシミが残っていた。



人気ブログランキングへ
客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : 18禁・官能小説    ジャンル : アダルト
 2015_07_02



キッチンのフローリングにあった濡れたようなシミが少し気にはなったが、夢と偶然が重なっただけと思い食事を食べ出社した。

自分の机に座ると営業部の女性がコーヒーを持ってくる。
営業部の課長を任されている真沙美(37歳)だった。

営業成績が男女合わせて40名いる中で10年間常にトップだった彼女は、今年の春から課長となった。
顔もモデルとまでは言わないが綺麗だ。
胸は無いがスレンダーでスタイルも良く、同僚などから頻繁にデートに誘われていたが、全て断り仕事一筋といった感じを周囲に与えていた。

これは誰にも言えないが、私と彼女は男女の関係だ。
彼女とは清楚な妻にはできないようなセックスをしてきた。
男性経験の少なかった彼女も今では私とアナルセックスを好んでするようにまでなっている。

彼女と男女の関係になったきっかけは10年前の秋の夜だった。
当時はまだ技術部の課長として出張を繰り返していた私。
出張から戻ると23時になっていた。
営業部の電気が付いているのが見えた。
いつもは20時には全員退社するのに電気の消し忘れかな?と思い行ってみると彼女が一人俯いて座っていた。

初対面では無かったが話しをしたことは一度もなかった。
こんな遅い時間に・・・そう思い彼女に声を掛けた。
彼女は俯いたまま「すみません・・・もう帰ります」と言って立ち上がった。
彼女の頬を涙が伝い、泣いているのが解った。

理由を何度か聞くと彼女はようやく話し始めた。
大手取引先との接待で先方のD社の担当者が酔った勢いか抱き着いてきて、お尻を撫で・・・嫌がる彼女にキスをしようとしてきたらしい。
彼女が嫌がると仕事欲しくないの?と言ったが、彼女は黙って担当者を蹴飛ばすと走って逃げてきたらしかった。
そういうと彼女はD社との仕事無くなってしまうかも・・・と言って泣き出した。

その日はそのまま彼女を家に帰した私は、翌日D社一人で向かう。
D社は会社の売り上げの40%を占める取引先だったが、彼女にした行為が許せなかった。
幸いなことにD社の副社長とは何度か面識があり、私の話しを聞いた副社長は怒り担当者を解雇すると自ら彼女に謝った。

この件がキッカケで彼女は私に心を開き、徐々に男女の関係となったのである。

コーヒーを持ってきた彼女は「D」とだけ誰にも聞こえないよう小声で言って立ち去り自分の席に座った。

「今晩、私を可愛がって」という彼女からの合図だ。
D社の件があって男女の関係になった私達にしか分からない暗号みたいなものだ。
私は夜に彼女を調教するプレーを色々想像し、誰からも見えない机の下でペニスを大きくしていた。

特に仕事は無かったが彼女の仕事が終わるまで待ち、妻に接待があるから遅くなるとだけ電話で告げると私は彼女のマンションへ向かう。
一足先に帰っていた彼女はマンションへ私が入ると私のズボンのジッパーを下ろし下着の中からペニスを出す。
洗っていない亀頭の周りを美味しそうに舐め、口に咥えると喉の奥に届くように奥までペニスを咥える。
そして自分の指を花弁の中に指を入れ、クチャクチャと音を立て指を出し入れする。

こんな姿は会社の誰もが想像できないだろう。

私は彼女の頭を掴むと激しく前後させ喉の奥を犯す。
喉の奥を犯され何度も口から「ぐぇッ・・おぇッ・・・」と声を出し涙目になるが自分の花弁の中を掻き回す指は止まらない。
私が喉の奥で精子を吐き出すとゴクゴクと飲み干し、丁寧にペニスを舐め上げた。



人気ブログランキングへ
客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
テーマ : 18禁・官能小説    ジャンル : アダルト
 2015_07_02



営業部の真沙美のマンション。
喉の奥に精子を出した私は彼女にペニスを舐めさせながら彼女の作った晩御飯を食べる。

彼女の料理はいつも美味しく、私の好みを熟知している。

私が彼女の手料理を食べ終えタバコを一服するまでペニスを咥え続ける。
彼女は一服し終わった私に気付くと私の方にお尻を向けてお願いのポーズを取りおねだりする。
私がマンションに来るまでの間に食事の準備と自らの浣腸・・・直腸内の洗浄を済ませている。
仕事も料理も自分の快楽・・・どれを取っても彼女は完璧だ。

私は彼女の唾液でベトベトになっているペニスを何の前戯もなく、そのままアナルに入れていく。
「あぁぁぁ~」彼女は身震いしながら根元までペニスを咥えこむと自分で腰を前後に動かす。

徐々に動きを速めて行き「ああぁぁ~いいぃぃぃ」と言いながら綺麗な顔を紅潮させ口から涎を垂らしながらガクガクと痙攣した。

アナルにペニスを入れたまま正常位の体制に体位を入れ替え、私の方から腰を振る。
彼女は花弁に自分で指をいれ直腸で動くペニスを指で感じ、何度も「いく・いくぅ~」と絶叫し潮を吹く。
ペニスの抜き差しを早くし彼女の直腸の奥に精子を吐き出すと身体を大きく弾ませ、小便をチョロチョロと出して白目を剥いて果てる。

お風呂場に彼女を抱え連れて行き、バックの体制で彼女のポッカリと開いたアナルに固さの不自由分なペニスを差し込む。
ブルッと身震いし私の小便を彼女の直腸内に出すと彼女の意識が戻り始め・・・苦しそうに悶えながら腹をパンパンに膨れさせる。

小便を終え、ゆっくり抜こうとすると「だめ・・出ちゃう・・・抜かないで・・・お願いぃ~」そう言いお願いするがペニスを少しまた少しと引き抜く。
「だめぇ~」の彼女の声と同時にアナルに栓をしていたペニスを完全に引き抜くと、「あぁあああぁぁぁ~~~」と声を上げ私の小便をアナルから大量に噴射し身体をビクンビクンと痙攣させる。

アナルの中を風呂で綺麗に洗ってやり、抱きかかえてベッドに寝かせ優しくキスをする。
彼女の口から「愛してる」の言葉が聞こえ私もそれに「愛してる」と応えると、舌を絡め合い愛し合い今日3回目となる射精で彼女の子宮を満たし、抱き合いながらしばらく時を過ごす。

23時30分になるとシャワーを浴び着替えを始め0時になると彼女にキスをして自宅へと帰る。
週1回の彼女との激しいセックスを終え、ぐったりした状態で自宅のドアを開けた。

自宅に帰り時計を見ると0時30分だ。

私は着替え冷蔵庫からお茶をだしてゴクゴク飲み干すと・・・二階から誰かが降りてきた。
妻の秋代だった。
2階には息子の健太の部屋と客がいつでも泊まれるような部屋の二部屋があるだけ。
妻にどうした?と尋ねると少し慌てた表情で「何か物音が聞こえて気になって・・・なんにも無かったわ」と言い寝室へと消えていった。
チラッと見た妻の横顔は薄っすらピンク色に染まっており、唇の周りが妙に光って見えた。

寝室へ行くと自分のベッドに入り、前回の夢と今日の妻の行動に何か違和感を感じていたが重い瞼に逆らう事ができず眠りについた。



人気ブログランキングへ


客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
テーマ : 18禁・官能小説    ジャンル : アダルト
 2015_07_02



朝食を取り終わると妻の秋代がスーツに着替え始めた。
その姿を見て今日は月に一度の妻の出社日だと気付いた。

妻と一緒に出社・・・彼女の真沙美から発せられる視線が痛い。
しかも妻が出社すると毎回ピリピリし営業部の部下に厳しい態度を取っていた。

私がデスクに座ると彼女がコーヒーと書類を一枚持って近づいてくる。
私にコーヒーと書類を渡して大きな声で「確認してサインしておいて下さい」と言って立ち去る。
書類には「あなたに愛してもらったお尻が痛いです・・・疼いてます・・・舐めて欲しい」と書かれていた。
私は「後でね。愛してる」と書き、真沙美のところに持って行き「サインしたぞ」と偉そうに渡す。
内容を見て「ありがとうございます」と嬉しそうに満面の笑みで答えた。

彼女の嫉妬は可愛くて愛されているという気持ちにさせてくれる。
私が若い青年のような心でいられるのは彼女のお陰だ。

妻は他の部課長や役員に挨拶をしながら社内を周っている。
会社の男達が目で彼女を追っているのが解る。

役員の一人の叔父に挨拶すると、いつもは厳しい叔父は鼻の下を伸ばして胸元を見てニヤと笑うと「話しがあるから会議室へ」と妻を連れて会議室へ消えた。
叔父の女癖の悪さは会社でも有名だ。
何人もの女性が叔父の真珠入りの大きなペニスの餌食になり、会社を辞めていた。

真沙美も言い寄られた事があったらしいが、「男には不自由してません」とキッパリと断ったらしい。

私は妻と叔父の事が気になったが、大切な商談があったので真沙美と男の部下を連れて商談先へと向かった。
商談が無事まとまり昼に会社へ帰ると妻は退社した後だった。
私は残務を終えると真沙美と会議室に行き、約束していたとおりアナルを舐めながら優しく花弁を愛撫し彼女を一度イカせると早目に仕事を切り上げて帰宅した。

夜に備えて仮眠を取る為だ。
妻が出社した日は同じ敷地内にある妻の実家で夜遅くまで食事会がある。
社長である義理の父にアルコールを飲まされいつも早目にダウンしてしまうのだが、今日こそは少しでも長く起きていようと気合いが入っていた。

14時に家に帰ったが妻の姿は無かった。
何処かで買い物でもしているのかと思い、寝室に行くとベッドに横たわり仮眠を取った。
眠り暫らくすると、義理の母に起こされ目を覚ました。
妻は食事会の準備をしているので代わりに私を呼びに来たらしい。

義理の母は今年61歳。
エステで肌の張りを保ち水泳で身体を鍛えていた。
義母は61歳にはとても見えない。
そして妻には無い妖艶な色気を感じる女性だ。

ベッドで私を起こした義母は私の下半身に目を遣っていた。
私の股間は朝立ちするように大きく膨らんで下着を持ち上げていた。
私が「ははは・・・変な物見せてすみません」と言って照れ笑いする。
義母は「まぁ若いのね・・・それとも最近ご無沙汰なのかしら」と言うと私の目を見つめた。
私を起こすために屈んだ状態の義母の胸元は大きく開いており、中が見える。
私の股間が更に大きくなり下着にくっきりとペニスの跡を映す。

思えば今まで義母とこうして二人になった事が無かった。
何度か義母をおかずにオナニーはした事はあったが、妄想の中でだけ・・・。

私は「お義母さんが色っぽいからですよ」と言い身体を起こそうとした時、義母の口から驚くような言葉が出た。
「少し触ってもいい?」・・・妖艶な雰囲気を持ってはいるが変な噂も無く真面目な義母の口からそんな言葉がと思い一瞬固まったが、「どうぞ」と言ってしまう。
恐る恐る下着の上からペニスを摩り「はぁ・・・大きい」と言い目をうっとりとさせた。
「男の人の触るのなんて10年ぶりよ」と言いながら私のペニスを愛おしそうに摩り続ける。

私は下着を下げて「舐めて下さい」と義母の目の前にペニスを出した。
義母は無言で私のベッドの上に右半身だけを乗せ、「恥ずかしいから」と舐めている姿が見えないよう私の方にお尻を向けて温かい舌でねっとりと舐め始める。
根元からエラそして亀頭を丹念に舌を絡めるように舐める。
私は義母のお尻を撫でながら舌技を堪能した。



人気ブログランキングへ
客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
テーマ : 18禁・官能小説    ジャンル : アダルト
 2015_07_03



私のペニスを舐めながら息遣いが荒くなってきている義母のお尻を更に撫でる。
そして私のペニスを全体が温かく包み込まれた。
ジュル・ジュボジュボッと卑猥な音が寝室に響く。

私は先日部下からもらった媚薬があったのを思い出す。
まだ一度も試した事がなく、効果も信じていなかったのでそのままベッド横の棚の中に入ったままだった。

少しずつ義母のスカートの中に手を入れて下着の上から割れ目に指を這わす。
ビクッと激しく身体を動かし「ダメよ・・・」と言うがお構いなしに下着が食い込んでいくくらい強く擦る。
「はぁん・・・」と声を出しとペニスを咥えて動かしている頭が一瞬止まる。

下着を横にずらし指を中に入れ直に花弁に触れた。
腰をくねらせる義母に「もっと音を出して、頭を振って」と命令する。

身体をビクビクさせているが年齢のせいか花弁はまだ濡れていない。
私は媚薬らしい物を指に塗り、花弁とクリトリスを更に弄る。
・・・効き目ないのか・・・反応が変わらないな。
そう思い暫らく花弁とクリを弄り・・・中に指を一本入れる。

ヌチャっと濡れ始めているのが解る。
義母の息遣いが激しくなり「あぁ・・・はぁん・・・」と喘ぎ声が漏れ始めた。
5分後・・・私が指を出し入れし、もう片方の手で垂れた胸を弄っていると、「あぁぁ~熱い・・・もっと激しく指を・・・お願い」とお願いしてくる。
媚薬らしい物の効果なのか?そこは定かでは無かったが「指じゃ物足りないでしょう・・・私のを入れますよ」と言い義母をベッドの上で仰向けにさせる。
義母は「こんな事したら・・・秋代に悪いわ」と言うが股を開き身体は違う動きをする。

ペニスに媚薬を塗り義母の花弁に沈めていく。
10年ぶりのペニスに痛そうな顔をし私にしがみつく。
腰をゆっくり動かす。
義母の表情が変わり始め・・・「あぁ~すごい・すごいわぁ~こんなの・・・いい・・・溶けそう」と花弁をひくつかせている。
10分後「熱い・・・もっと激しく擦って・・・突いて・・・いい・・・いくぅ~ッ」と口元をだらしなく開けて涎を垂らし身体を何度もバウンドさせて果て私にキスを求める乱れた義母の姿があった。
私は射精していなかったが食事会に遅くなると変に思われるので、義母の中からペニスを抜き取る。
義母は息を切らしているが、服の乱れを直すと再び私にキスし、「今度、ゆっくり楽しませて」と言うと先に行った。

私も着替えて後を追うように食事会へ出かけた。
義母が私のペニス・・・媚薬か?の虜になったのを感じ、嬉しい気持ちだった。

食事会の席に着くと嬉しい気持ちも消え失せ・・・重苦しい気持ちへと変化する。
私のテーブルは社長である義父と義母、そして義母の妹。妻のテーブルにはエロ役員の叔父と叔母と息子。
その他に2テーブルあり全部で4テーブル総勢16名。
皆、地元では有名な金持ちであり私はこの空気が嫌で堪らない。

そして食事会が義父の挨拶と乾杯の音頭で始まった。




人気ブログランキングへ
客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
テーマ : 18禁・官能小説    ジャンル : アダルト
 2015_07_04




プロフィール

erohituduma

Author:erohituduma
人妻を題材にした官能小説を書いています。
よろしくお願いします。
コメントなどを頂けると励みになりますm(__)m

エロエロな人妻を観てみませんか?

2000円分の無料ポイントありです♪

憧れのCAとの出会い

PR

QRコード

QR

メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。