FC2ブログ



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
 --_--_--



桜が咲き、舞い散る季節になると脳裏に蘇る3年前の記憶。

あれは、息子の高等学校の入学式から始まった。
私は会社員として真面目に働く夫を持ち、高校生になる息子と3人で暮らしている。
家庭内は平凡という言葉で片付けると罰が当たりそうだが、ごく普通の家庭。
私は夫の稼ぎも良かったので結婚後勤めを辞めて以来ずっと専業主婦をしている。

この日は息子の高等学校の入学式ということもあり、私は淡いピンク色のスーツでいつもより濃い化粧をしていた。
高等学校に着くと自分の出身校でもないのに校舎の持つ独特の雰囲気に何故か懐かしさを感じ高校生時代の記憶が蘇ってくる。
いつも登下校で一緒だった友達や、初めて異性と付き合い2年間交際した彼氏。
彼氏とは付き合っていたといっても高校在学中はキスまでで、卒業式の翌日に彼氏の家で一度だけセックスをし彼氏が県外の大学へと進学した為、自然消滅という良くあるラブストーリー。

そんな事を頭の中で記憶の中から呼び起こしていると、後ろから「真美ちゃん」と声を掛けられる。
一瞬誰か解らずキョトンとした表情をする私にその男性は「あ~やっぱり忘れてるか~俺だよ浩二の友人の克己」と続けた。
浩二は私が高校時代に付き合っていた彼氏の名前で、「あ~思い出した克己君・・・ゴメンゴメン」と私が言うと克己君は高校時代と同じような優しい笑顔を見せた。
そういえば浩二と克己君はいつも一緒にバスケットしてたっけ・・・同窓会なども無かった為、高校時代の同級生と会うのは久しぶりだった私だったが共通の記憶を持つ同級生に出会えた事で一層記憶を蘇らせていた。

色々と話しながら歩いていると克己君の娘も今年入学という事が解る。
お互い「これから同級生の父母同志仲良くして下さい」と言って入学式会場の体育館へ向かった。

体育館に並べられたパイプ椅子に座ると克己君も隣に座った。
私の方を見ると「あっ 俺の連絡先」と言って私に携帯電話の番号を教えてきた。
私はその携帯番号を自分のスマートフォンに登録すると1回だけコールし「私のコレだから」と言って克己に教えた。

この日はこれで他の知り合いの同級生のママ友と会って色々と話し込んで居た為、克己とは話しをしておらず高校へ息子が入学した報告も兼ねてバタバタと旦那の実家に出向いたりし忙しく過ごしたため、自分の高校時代の記憶も克己の存在も頭の中から完全に消えていた。

入学式の日から二日後、午前中の内に食材等の買い物を済ませた私に宅急便が届いた。
宛名は「Y・Y」とだけ書かれていたが、確かに私宛の小包だった。
私は身に覚えがなかったが恐る恐る小包を開けた。
小包を開けた瞬間「ひっ」と言って小包をテーブルの上に落とし後退りした。

中にはピンクローターとバイブレターが入っていた。
頭の中で『誰のイタズラ・・・誰が・・・』と色んな知人のイニシャルと差出人に書かれたY・Yというイニシャルを合わせていく。
しかし心当たりは名前は出てこない。

色んな思いが頭の中を駆け回る。
ふと小包の中に白い手紙が入っている事に気付く。
手紙には「いつも綺麗な真美子さんへ。私からのプレゼントです。」とだけ書かれていた。
私は初めて見る本物のピンクローターとバイブに何故か顔を赤らめ生唾をゴクリと飲み込むと、ドキドキと鼓動が早くなっていくのを感じていた。
ただ、誰から送られていた物なのか・・・それだけが気になり小包を閉じて自分のクローゼットの奥へと閉まった。
客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : 18禁・官能小説    ジャンル : アダルト
 2016_04_08



ピンクローターとバイブレターが届いてから一週間が経とうとしていた。
何度か夫に相談しようと思ったが、真面目な夫の反応が怖く言い出す事が出来ないでいた。
平凡な私の家庭の最大の悩みは夜の営み。
夫とは3年間も身体の関係が無い。

一度、意を決して自分からアタックしてみたが「疲れてるから」の一言で玉砕し、それ以来自分から言い出す事も無くなっていた。
そんな関係からか、2年前の昼に自らの手で胸を揉み乳首を抓みコリコリとさせるとクリトリスを擦り上げ、濡れた花弁の中を指で掻き回しては果てるオナニーをするようになっている。

ただ、誰も居ない昼下がりと決めており、静まり返った家の中でそれも声を押し殺してオナニーをしていた為、誰にも気づかれていない自信はある。
どんなに身体が疼いても不倫などは考えた事も無く、今までの男性経験は高校時代に付き合った彼氏と現在の夫の二人。

真面目に生きてきた自分にとっては誰にも知られずに自らの欲求を満たすオナニーだけが唯一の恥ずべきことだった。

そんな中で突然送られてきたイヤらしい大人のおもちゃの入った小包。

日増しにその存在は強くなっていく・・・『もう一週間よ・・・誰も何も言ってこないし・・・・』心の中で自分にそう言い聞かせるようにするとクローゼットのなかから小包を取り出した。

ドキドキと鼓動が早くなる。

ピンクローターを中から取り出すとパンティーの上からクリトリスに押し当てる。
そのままコントローラーのスイッチを押した。
その瞬間、下半身から電流が脳裏を駆け回るような快感に襲われ思わず「あぁぁ~」とそれまで漏らした事の無いイヤらしい喘ぎ声を上げた。
初めて使用するピンクローターの振動。
しばらくパンティーの上から私はピンクローターを押し当て刺激を続けていた私はいつも間にか自らパンティーを脱ぐと、うつ伏せでお尻を突き出すようなポーズを取り、直にクリトリスをローターで刺激し「あぁいいぃ~~」と淫らな喘ぎ声を上げていた。

花弁からは愛液がポタポタとしたたり落ちている。

ここまで来ると久しぶりに男根の形をしたバイブレターを膣の奥深くに入れ中を掻き回したいという気持ちが強くなり、それまであった送り主不明の不審な物という思いは無くなっていた。

小包からバイブレターを取り出す。
赤黒い色をし、夫のペニスより明らかに大きく反り返りエラの形も申し分ない。
生唾を飲みながらヌラヌラと濡れて光る花弁に向かってそのエラの部分を擦り付ける。
ヒンヤリとした感触・・・・先端を自らの愛液で濡らすとゆっくりとバイブを奥へ奥へと進めていった。

奥まで入れるとバイブのスイッチをオンにした私はあまりの快感にシーツをギュッと握り、私の膣の中でウネウネと動き回るバイブの虜となっていった。
糸を引いて垂れ落ちる愛液がシーツを大きく濡らし、「あぁぁあぁぁいい~いい~~~~」と、これまで男性との性行為でも発した事の無いイヤらしい喘ぎ声を大きな声で発しながら私はバイブでのオナニーに夢中になっていた。

片方の手で乳首をいつも以上に強く抓るように刺激し、ウネウネと動くバイブをズボズボとイヤらしい音が出るくらいに出し入れしていた私はいつの間にか「いく・いくぅぅ~」という声と共に絶頂に達すると、バイブを花弁からボトリとベッドの上に落としその場に倒れ込んだ。

しばらくしてウネウネとベッドの上で動き続けるバイブの動きでハッと我に返った私は、バイブのスイッチを止めるとバイブとローターを小包の中に入れると再びクローゼットの中にしまい込んだ。

ただ私の脳と花弁は今までにない快感で満ちており、夕方日が沈むまでその余韻に浸り動けない程だった。



客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
テーマ : 18禁・官能小説    ジャンル : アダルト
 2016_04_08



初めて大人のおもちゃを使ってオナニーをしてから更に一週間が経っていた。
私は既にローターとバイブの虜になっており、毎日のように夫と息子を送り出した後に日課のように自我を繰り返していた。

この日もバイブと使い花弁が捲れんばかりにジュボズボと音を立ててオナニーしていると、スマートフォンの着信音が鳴り響いた。

ハッと我に返り、バイブのスイッチをオフにし膣内からバイブをズルりと引きずり出し、スマートフォンを見た。
着信の番号は登録していない番号で名前の表示が無い。

5~6回のコールの後に一旦鳴り止んだ着信は、1分後に再び同じ番号からの着信を知らせ始めた。
バイブを使って淫靡なオナニーをする自分に後ろめたさを感じながら、夫や息子に何かあったのかもと思いスマートフォンを操作すると電話に出た。

私は恐る恐る「もしもし」とだけ声を発した。
電話の向こうは不気味に静まり返っている。
男の声で「もしもし・・・真美子さん」と私の名前を呼ばれると、私の頭の中で『大人のおもちゃの送り主だわ』と悟り、血の気が引いて行くのが解った。
男の声が続く「楽しんで使ってもらってるみたいだね」。

私は「なんの事ですか?イタズラだったら切ります」と後ろめたい気持ちに蓋をするように声を上げた。

電話口の男は「真美子さんのイヤらしい声は録音してありますよ」というと電話の向こうで何かをガサゴソと動かすとバイブのウインウインというモーター音・・・クチャ・・・ズボズボ・・・あぁいいぃぃ~~と聞き覚えのある私の発する喘ぎ声が聞こえ始めた。

「えっ・・・えっ・・・止めて・・・止めて」パニックになる私。
そう言った私に男は「解りました」と短く答えると録音の再生を止めた。

スマートフォンを耳に当て辺りをキョロキョロと見渡す私に、男は電話口から「これを旦那や息子に聞かれたくなかったら今から言う事に従え」と冷たい口調で言った。
私はどうしていいか解らずに無言でいると男は言葉を続けた「電話を切らないでオナニーの続きをしろ」。

私は必死で「無理よ・・・そんなの無理・・・許してお願い」と懇願するが、男の冷たい口調は変わらない「早くしないと電話を切って録音内容を送る」。

ベッドに無造作に落ちているバイブを見つめながら躊躇する私に男から「はやくしろ」の命令が下される。

観念した私はバイブを手に取ると花弁に押し付けた。
ゴムでできたバイブは先程より一層冷たく何か本当に他の誰かに花弁を弄られる感覚になる。

男は「スイッチを入れろ・・・いつものように」と声を発する。

私の手は震えながらバイブを花弁の中にズブズブと入れるとスイッチをオンにする。
ウインウインとバイブが動くモーター音と共に私になんともいえぬ快感が押し寄せてくる。
膣壁をウネウネと動きまわるバイブ、私は必死に喘ぎ声を出すのを耐える。
「ん・・・んん~~~」食いしばり喘ぎ声を出さないようにする私に男は「ほら・・・もっと動かせ・・・気持ちいいだろ・・・誰も見てないんだ・・・ズボズボと動かせよ」と命令する。

「ここか・・・ここが気持ちいいのか・・・ほら・・・もっと気持ちよくしてやるよ」と言う男の声に同調するように私のズボズボとバイブを出し入れする手の動きは早くなる。
花弁から溢れる愛液がアナルを伝い落ちる。
ブチュ・・・ジュボ・・・ズボッズボッ・・・卑猥な音が部屋に響き、いつしか私は「ああぁ~~はぁん・・・あぁぁ」と喘ぎ声を徐々に大きくしていた。

そして男の「真美子の中、気持ちいいよ・・・一緒にイクぞ・・・おお~~」と言う声と共に私も「いく・・・いくぅぅ~~」と激しく絶頂を迎えると身体を激しく痙攣させながらスマートフォンをギュッと耳元に押し当てて握り男の果てる音を聞いていた。

客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
テーマ : 18禁・官能小説    ジャンル : アダルト
 2016_04_08



見ず知らずの男にオナニーで絶頂を迎えるところを聞かれ、放心状態でバイブのスイッチをオフにしてその場に倒れる様に寝転んだ私に男は電話口で「今日のことは二人の秘密だ・・・また明日」と言うとそのまま電話は切れた。

私は涙目になりながら自分のしてしまった事に後悔したが『これは浮気じゃないし・・・ただのオナニー』と自分に言い聞かせるとシャワーを浴びにフラフラと浴室へと向かった。

その晩、夫と息子との会話は苦痛だった。
後ろめたい気持ちと家族を裏切った背徳感でいっぱいになっている。

ただ時間だけはいつも以上に早く過ぎ、気付けば翌日のお昼になっていた。
夫と息子は既にいなく、静まり返ったリビングでボーっとしていた。

ピンポンというチャイムの音でハッとしインターフォンの画面を覗くと「宅急便です」と声が聞こえた。
小包だ・・・しかも送り主はY・Yと先日の大人のおもちゃを送ってきたのと同一人物のようだ。

小包を受け取ると開封せずにリビングのテーブルの上に置き、しばらく小包を見つめていた。
そこにスマートフォンの着信音が響いた。
昨日の男からだ・・・電話に出ると「もしもし真美子さんプレゼント受け取ってくれた?」と声が聞こえる。
私は「まだ開封してませんから・・・お返しします」と言うと「この前の、もう使いまくってるのに・・・そんな事言うと・・・ほらッ開封して」と私に命令した。

私は恐る恐る小包を開けた。
中からは先日のバイブとは比較にならない大きなバイブが一本入っていた。
それはもはや『おもちゃ』という可愛い言葉で言えるような物でなく、リアルに筋だった血管までもが作り込んである。
太さは女性の手首くらいはあり、長さも20センチはあろうかという巨大さだった。

「こんなの・・・無理です・・・」と小さな声で言う私に男は電話口で冷たく「それを持っていつものようにベッドに行け」と命令する。
私が躊躇していると見えているかのように「早くしないと・・・バラすぞ」と告げる。

私は送られてきた小包を持つと寝室へと向かう。
男は「はじめはいつものバイブお使うんだ」と命令してきた。
従うしかないと頭の中を洗脳され始めていた私はパンティーを脱ぐといつも使っているバイブに唾液を垂らし花弁の中へとズブズブと入れスイッチをオンにした。
私の中を掻き回し始めるバイブ・・・次第にバイブを支えていただけの手も動き始め、イヤらしい音と共に自らピストン運動を始めた。
「はぁ・・・ああん・・・」よがり声を厭らしくスマートフォンを耳に押し当てながら私は徐々に理性を失っていく。

「気持ちいいか・・・ここがいいのか・・・」男の声が耳元から聞こえてくる。
「いいぃ・・・はぁん・・・気持ちいいです」私は無意識に男の電話から聞こえる声に応えていた。

男は「じゃあもっと太いので、もっと気持ちよくなろうか・・・」と私に指示した。
私は言われるがまま小包から太く長いバイブを出すと口元でベロりと唾液を付けながら舐め、花弁の入り口へと持って行く。
握っている感覚でも、その異様な太さが伝わってくる。

私はゆっくりと花弁の中を少しずつ動かし進む様にその太いバイブの先を入れ始めた。
グチュッ・・・ズブズブ・・・脳裏に異様に響く花弁から聞こえるイヤらしい音。
太いバイブの先が入っただけで、私は完全に理性を失い喘ぎ声なのか雄たけびなのか解らないような「ほあがぁぁあああ~」と獣のような声を上げていた。
耳に押し当てたままのスマートフォンからは私に命令するように「ほら、もっと奥までいれてあげるよ・・・ほら」と言う声が聞こえてくる。
私は声に従う様に「ひぎぃあぁ~」と言う声を上げながら太いバイブを奥へ奥へと入れていった。
「じゃあ動かすよ・・・」男の声が続く。

私の手もその声に従う様に動き出し、太いバイブを出し入れし始めた。
バイブを出し入れするだけで内臓が引っ張り出され、突き上げると子宮口をガンガンと刺激する。
ぷちゅ・・・ブチュッ・・・ズズズ・・・ぶちゅぶちゅぶちゅ・・・今までに聞いたことの無いような音が太いバイブを咥え赤く受血しギチギチに広がりきった花弁から聞こえてくる。
バイブはいつしか私の愛液で白く泡立ち始め、私は涎を垂らしている事も忘れるくらいに激しい快感に酔いしれていた。

男が耳元から「ほら、いいか・・・ほら・・・イクぞ・・・中に出すぞ」と言うと「あああぁぁ~~イク・・・イクッ・・・中に中に出して」と自分でも信じられないような言葉を発するとそのまま失神したようだった。

気付くと愛液まみれの太いバイブが私の股間の下に転がっていた。
耳元で握られていたスマートフォンの通話は既に終わっていた。
客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
テーマ : 18禁・官能小説    ジャンル : アダルト
 2016_04_08



その日を境に毎日のように狂ったようなオナニーを電話の男に聞かれ2週間が過ぎようとしていた。
男からは毎日電話があり、私は既に会った事も無いこの電話口の男からの電話を待ち望んでいる自分に気付き、奴隷のように指示に従い家の色んな場所でオナニーするようになっていた。

リビングや台所、玄関やトイレ、そして息子のベッド。
指示されればどこでも花弁を濡らし愛液を垂らすメスになっていた。

スマートフォンから電話を知らせる着信音が響いた。
スマートフォンの通話を操作しようとした私はビデオ通話という内容に一瞬ビクッとしたが、毎日の日課のようにそのビデオ通話に出てしまった。

通話と同時にスマートフォンの画面に黒い服を着た男が映し出された。
ただ顔は顎のところまでしか映っておらず、男が誰なのかは解らなかった。
男に指示されるがまま、いつものようにオナニーをし始めた私。
今日は明るいリビング・・・そしてスマートフォンを立て掛け自分の姿が見える様に指示される。
スピーカーになっているスマートフォンから男はいつものように指示し始めた。

その言葉を待っていたかのように、自ら胸や下半身を露出させ指やおもちゃを使って私は見られている背徳感に一層の快感を覚えながら一心不乱にオナニーを始めた。
くちゃっ
ぬちゃっ
ジュボ・ズボッ

私の花弁からイヤらしい愛液の音がリビングに響く。
この頃になると太いバイブを最初からズボズボと出し入れするようになっていた私。

花弁は常に赤く充血しており、愛液まみれになり怪しく光っている。
最初はなるべく自分の顔が映らないようにしていたが、快感が増すにつれスマートフォンの画面に目を遣り恐らくは自分の淫らな喘ぎ顔が写っているような角度になりながら、大きく股を開きM字開脚をしながら太いバイブを出し入れしていた。

スマートフォンに映る男がゴソゴソと動き出すのが見えた。
ズボンとパンツを下げるとだらりと垂れさがった大きなペニスが映し出される。
まだ、半立ちといった男のペニスは画面越しとはいえ相当な大きさだあることが解る。
男は自分のペニスを手に持つとゆっくり上下に擦りはじめた。

久しぶりに見る男根に私の理性は完全に崩壊し始めた。
『はあぁ~~欲しい・・・あれを入れて欲しい・・・・』そう思い太いバイブを出し入れする手の動きを速めていく。

男のペニスはムクムクと怒張するとエラの張った立派な亀頭そして青筋だった竿を見せつける様にスマートフォンの画面に映し出すとペニスをしごく手の動きを速めている。
PR




私は口を半開きの状態にしながら時折り、その画面のペニスを舐め上げるような舌の動きをさせる。
涎は溢れ口元から顎を伝い首元にまで達していた。

男の声がスピーカーから聞こえる「はぁはぁ・・・おぉぉイクぞッ」。
私はその声に合わせる様に太いバイブをズボズボとピストンさせる手の動きを速めると身体を弓なりに反らし、勃起した乳首を天井に突き出す格好でガクガクと身体を震わせ「ああぁぁ~いく~」と絶叫しながら果て気を失っていた。



客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
テーマ : 18禁・官能小説    ジャンル : アダルト
 2016_04_09




プロフィール

erohituduma

Author:erohituduma
人妻を題材にした官能小説を書いています。
よろしくお願いします。
コメントなどを頂けると励みになりますm(__)m

エロエロな人妻を観てみませんか?

2000円分の無料ポイントありです♪

憧れのCAとの出会い

PR

QRコード

QR

メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。