FC2ブログ



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
 --_--_--



さて、今日は何をオカズにシコシコしようかな・・・?
食事を終え風呂に入った私は、自分の書斎と寝室を兼ねた部屋に居た。
妻とは別々の部屋で寝ている。

私達が結婚したのは今から15年前くらいだろうか・・・ここ7~8年の間、セックスレスになってからはお互いを干渉しなくなってきている。
日常会話はあるものの、夫婦二人で何処かに一緒に買い物に出掛けるのも年に一度程度。

私は年齢38歳、どこにでもあるような中小企業で一応管理職として働いている。
妻の彩子は現在36歳で5年前・・・妻が31歳の時にそれまで勤めていた会社を退職し専業主婦をしている。
子供を出産しても育児休暇を取り会社に在籍していた妻だったが、突然・・・辞めると言って会社を退職したのだ。
退職した理由は職場での女性同士のトラブルだそうだ。

子供は中学1年の雅司、小学5年生の美緒の二人。

パソコンの電源をオンにした時、部屋をコンコンとノックする音が聞こえ不用意にガチャッ・・・と扉が開けられた。
入ってきたのは長女。
「パパ一緒に寝よ~」と可愛い声で言ってくる。
最近の小学5年生にしては幼い行動だが、小さい頃より週に何度かは一緒に寝ている。
娘と一緒にベッドに入ると娘を腕枕し頭を撫でながら寝かしつける。
心の中で『後何年・・・いや何か月一緒に寝てくれるかな? 』と思いつつ娘の寝息を聞くと私も眠りに就いた。

夜中、娘が寝返りをすると目が覚めた。
トイレに行きたくなり、ベッドから出る。

廊下を歩き妻の部屋の前を横切ろうとした時、扉の向こうから「こら・・・」と声が聞こえ足が止まった。
その場で固まったように聞き耳を立てる。
妻の声「もう・・・ダメよ・・・パパに見つかったら・・・あんっ・・・口で・・・ねっ・・・口でしてあげるから」
中からボソボソと話す男の声・・・雅司の声だ。

鼓動が周囲に響き渡っているんじゃないかと思うくらいにドクンドクンと激しい音を立て始める。

「ぴちゃっ・・・じゅぼっ・・・じゅるじゅる・・・じゅぼっ」と音が扉の向こうから聞こえてくる。
「ママ・・・いくよ・・・うぅ~」と雅司の低い声が響く。

私は息をするのも忘れて聞き入っていた。
ハッっとして我に返ると、足音を立てずに自分の部屋に戻ってしまった。
『あ~どうしよう・・・まさか妻と息子が・・・』そう思うと溜息を吐き、気持ちを落ち着かせる。

「あっ・・・トイレに行くんだった」そう思いワザと大きな物音を立てながら自分の部屋を出てトイレの扉を閉める。
小便をしながら注意するべきか・・・見過ごすべきか・・・そう思い悩み始めた。
トイレを出ると妻の部屋を気にしつつ自分の部屋に戻り扉を閉めた。

娘を起こさないように静かにベッドに入る。
ベッドに入った私を待っていたかのように娘は私を抱き枕の様にし腕と足を絡めてくる。
いつもは気になっていなかったのだが、先程の妻と息子の事が気になっているせいか・・・娘の存在を変に意識してしまう。
『いかん・・・いかん・・・寝よう・・・明日考えよう・・・』そう思い寝る努力をするが、寝れない。

あの後の妻と息子の事も気になる・・・私が物音を立ててトイレに行った事で今日はあのまま大人しく寝ただろうか・・・それとも・・・。
色んな妄想が頭を過ぎる。
二人の関係はどこまで・・・。

ここで娘が寝返りをし反対の方を向く。
娘のお尻の割れ目が私の股間に押し付けられる・・・『いかん・・・』私は自分の心の声とは裏腹に娘のお尻の割れ目に股間をくっつけたままムクムクと大きく膨らませ始める。
今、娘が目を覚ましたら・・・今までの娘との関係は終わりだな・・・そう思いながらも股間を一層大きくし朝を迎えた。




人気ブログランキングへ








客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : 18禁・官能小説    ジャンル : アダルト
 2015_10_24



朝、何事も無かったかのように朝食の準備をする妻の彩子。
子供たちはまだ寝ている。
私はいつものように無言で朝食を食べると仕事へ行く支度をし「いってくる」とボソッと言い玄関を後にした。

ボーッとし満員電車に揺られて会社に着く。
昨晩の妻と息子の事が気になり仕事どころじゃ無い。
しかも今頃になって睡魔が私を襲う。

同じ課の私の同期で部下の玲子(38歳・バツイチ子無し)が、私の様子が変な事に気付き「どうしたの?」と小声で話しかけてきた。
玲子とは同期という事もあり、彼女の結婚から離婚に至るまで色々と相談に乗り、私もプライベートの悩みを色々と相談していた。
私が「あ~ちょっとね・・・」と言うと、「タバコ吸いに行きません?」と玲子が誘ってきた。

缶コーヒーを買い会社のビルの喫煙場所である非常階段下に二人で向かった。
二人でタバコに火を点け「ふうぅぅ~」っと一服すると、玲子が「どうしたの?」と話しかけてきた。
私は睡魔と頭の中が整理できていない状態で「ちょっとショックな事あったんだけど・・・脳ミソ回転していないから・・・どこかで一旦寝て後で話すわ・・・すまん」と伝え、仕事をサボって近くの漫画喫茶で仮眠した。

目覚まし代わりに玲子がメールを送ってきた。
メールには『今日、晩飯付き合いなさい』と命令調の文面で書かれていた。
私は『承知しました』と送り返すと会社へ戻り仕事を再開した。

18時頃、仕事を終えて玲子と決めた個室のある居酒屋へ向かった。
妻には日中の内に『今日は客と食事して帰る』とメールし了解を得ていた。

居酒屋で二人でビールジョッキで乾杯し、暫らくすると玲子が「でっ・・・何があったの?」と聞いてきた。
私が言いにくそうに昨晩の妻と息子の事を話し始めると玲子は目を見開き絶句した。
変な沈黙の後、玲子は「あなた最近奥さんとエッチしてる?」「女を欲求不満にしちゃだめよ」と厳しい口調で言う。

少し酔ってきたのか玲子は「だいたい、あんたのココ使い物になるの?」とテーブルの下で私の股間をつま先でツンツンし始める。
「まだまだカチンカチンですよ・・・でも家じゃ・・・セックスレスだ」と私が言うと「ふぅ~ん」と横目でチラッと私の方を向きニヤッと小悪魔風の笑みを浮かべた。

居酒屋から出て歩いていると玲子が立ち止まり「ヨシッ・・・この手で行こう」と何やら自分の中で名案を思い付いたらしい。
ちょっと作戦会議・・・と言って私を自分の住むマンションまで連れて行くと缶チューハイを片手に名案を語り始めた。

玲子の知り合いにイケメンのスカウトマンが居るらしく、そのスカウトマンに私の妻を口説いてもらい欲求不満を解消するという作戦だ。
「え~」っと私が言うと「近親相姦よりマシでしょッ」と強い口調で言われる。
「ちなみに私の息子の性欲処理は私が担当するわ」と言い始めた。
玲子が言うには知り合いのスカウトマンは身体の関係になっても本気にならない人らしく大丈夫との事だ。
「この私に惚れなかったから大丈夫よっ」と変な理屈を言い始めた。

私の思考回路はこの時おかしくなっており、『近親相姦よりプロに寝取らせて厚生させた方がマシ』と玲子に洗脳されてしまっていた。

この恐ろしい作戦は翌日から実行された。

まずスカウトマンの正臣と翌日会った私は彼の妻に対する質問に答える。
「どこで買い物するのか?」「好きな物は?」「好きな色は?」など20項目くらい質問される。
正臣は「解りました・・・5日間で」と言うとその場から立ち去った。

玲子も早速息子と関係を持つべく狙いを定めて行動し始める。

夕方、妻から珍しくメールがきた。
『今日、前の会社の同僚と晩御飯食べに行ってきます』と書いてある。
「早い・・・」とボソッと呟いた私は複雑な心境だった。
妻が寝取られる・・・でも近親相姦よりは・・・。
他にも色々と方法はあったであろうが、この時は近親相姦を止めさせる事で頭が一杯だった。




人気ブログランキングへ

客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
テーマ : 18禁・官能小説    ジャンル : アダルト
 2015_10_24



19時頃に仕事が終わり大人しく帰宅する事にした私。
玲子から着信がある。

「もしもし、今ね~息子ちゃんとお食事デート中だけど・・・このまま息子ちゃんも食べちゃうからね~」と玲子は明るい声で言っている。
「頼むからあんまり変な性癖だけは・・・」と言う私に「はいはい、解ってますよ!女性の魅力を教えるだけだから」と言って玲子は電話を切った。

「ん~~~あいつ本当に大丈夫か・・・」一人ブツブツ言いながら娘が一人で待っているので足早に帰宅した。

妻の方はと言うとイケメンのスカウトマン正臣からの定期連絡で状況が把握できる。
今は近くのレストランで二人で食事をしているらしい。

「ただいま~」私が玄関に入り靴を脱いでいると小犬の様に走って飛びついてくる娘。
「パパ~遅かったじゃない・・・ママは今日お友達とお食事会なんでしょ?」と娘は何故か嬉しそうだ。
「そうみたいだね」と私が言うと「じゃあパパと二人っきりだね・・・何して遊ぶ・・・ねぇ~お外で外食しようよ~」との娘の提案で二人でファミレスに行くことにした。
ファミレスで食事をしている間、玲子と正臣から定期連絡が入る。
玲子メール『今からドライブ』
正臣メール『今からバーです』
私は定期連絡のメールが入る度に鼓動が早まり、何故か変な妄想をし股間を膨らませていた。

息子と玲子の事ではあまり変な想像をしないのだが、妻と正臣の事になると・・・妻が他人のペニスを美味しそうに咥え、股を全開に開き卑猥な音を立てながら突きまくられている様を妄想してしまう。

嫉妬は無く、近親相姦を止めさせたいと言うのも既に口実で、どんな姿で犯されるのか・・・妻がどれほど乱れ喘ぐのか・・・それのみを考える様になっていた。

娘と家に帰ると風呂を沸かして一緒に入る。
玲子と息子は、玲子から「22時には送り届けるからね」と連絡があったので安心である。

娘と一緒にお風呂に入っている間も妻と正臣との卑猥な妄想は止まらず、娘と一緒にお風呂に入っているにも関わらず私のペニスは勃起し上を向いてしまっている。
困った・・・浴槽から出れない。
そんな私を他所に、娘は無邪気にはしゃぎながら幼い身体を隠す事はない。
ただ・・・最近、胸が少し大きくなり始めている。

いかん・・・先日の娘のお尻の感覚が・・・。
変な妄想を捨てる為、なんとか仕事の事を考えて半勃起くらいまでペニスを静めると二人で風呂から上がった。

風呂から上がるとメールが何通か届いていた。

玲子からは「今、私の家でアソコ舐めさせてる」と送られてきた・・・ふ~っと溜息を付く私。
息子は玲子と以前から顔見知りであり家に行くのも警戒心がなかったのであろうが・・・。

正臣からは「今からホテルへ行きます」と書いてある。

「いよいよか・・・」今頃は正臣に責められ喘いでいるであろう妻の姿が・・・股間が大きくなる。

22時になると玲子が息子を送り届けた。
玲子は玄関先で出迎えた私に小声で「貴方の息子ちゃん凄いわね・・・あの子5回は射精してたわよ・・・私も1回イカされたけど。」と言うと「これから私と頻繁にエッチする事になるから、奥さんとはもう大丈夫かもよ」と言って若い精気を吸い取り満更でもないイキイキとした表情をしていた。

息子はそそくさと自分の部屋に入って行き出てくることは無かった。

私は娘と一緒に寝る約束をしていたので、寝かしつける為に一緒にベッドに入る。

時計は22時30分を過ぎていた。






人気ブログランキングへ




客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
テーマ : 18禁・官能小説    ジャンル : アダルト
 2015_10_28



娘が私の肩に顔を寄せて寝始める。
少し膨らみ始めた胸を肘に押し当てるような体勢だ。

そこに一通のメールが届き私は娘に見られないようにメールを見る。
正臣からだ。
途中経過と件名が書かれている。
メールには画像が添付されており、女性が目隠しをされ全裸で舌を出しペニスを舐める姿が映し出された。
目隠しはされているが明らかに妻だという事は解る。
身体や顔をうっすらピンク色に染めており、私とのセックスしていた時とは明らかに表情が違う事が解る。

『こんなにイヤらしい表情をするのか・・・』私はそう思いこの後の正臣との性行為を妄想し股間を大きくしている。
娘の手は私の胸に置かれ、私の腕に身体をまとわりつかせ私の拳を股の間に挟んでいる。

しばらくすると娘が寝息を立て寝始めた。
そこへ次の正臣からのメールが届く。
また途中経過と件名があり、画像が表示される。
目隠しをされ仰向きの状態で口を半開きにしてペニスを挿入されている妻の姿が映し出された。

私の股間は痛くなるほど大きくなり、妄想で妻が近くで他人に犯され喘ぐ様をリアルに思い描いている。

娘が「んッ・・・」と甘い声を上げハッとする私。

何時しか私の手が娘の股間を弄るように動いていたようである。
私がハッとし動きを止めると娘は無意識からか自分で私の手を使い股間をグリグリと刺激し始める。
「はぁ・・・んっ・・・」と喘ぎ声とまではいかないが息遣いが荒くなる。

私は妻の他人に犯されているシーンを思い、思考回路は完全にショートしていた。
私の手を使いオナニーの真似事のような事をする娘を止める事無く、むしろ私の方から娘な未発達なマ〇コの割れ目に指を押し当てるようにし小刻みに指を動かしていた。

娘の声が「んっ・・・んっ・・・」と聞こえ時折りピクッピクッと身体を弾ませ私の腕にしがみ付く。
ここで正臣からのメールが届く、目隠しを取られイヤらしい表情を浮かべ騎乗位の体制で下から突き上げられている妻の画像だった。
片方の胸を自分で愛撫している。
携帯のカメラで撮られているにも関わらずイヤらしい目つきでカメラの方を向いてセックスに夢中になる私の知らない妻がそこに居た。

私の興奮は最高潮に達し、娘の下着の中に手を入れ直に割れ目をなぞり始める。
「んッ・・・んッ・・・」と直に敏感な部分を触れられ可愛らしい声を出す娘。
まだイヤらしい大人の世界など知る訳もない穢れの無い娘を自らの手で穢し始める。

娘が譫言のように「パパ・・・パパ・・・」といって身体を大きくビクンッとさせるとハッとした私は下着の中に入れていた手を引き抜く。
娘は私の腕に一層力を入れてギューっとしがみ付くとそのままスヤスヤと寝入って行った。

私は自己嫌悪に陥りながらも色んな妄想をし股間を膨らませたままだった。
理性を失いながらも娘に襲い掛からなかったのが、せめてもの救いだった。

時計が0時になった頃、バタンと玄関の扉の閉まる音が聞こえ妻が帰ってきた。
そのまま、階段を上り自分の寝室に向かったようである。

息子はあれから部屋から出てきた様子は無く静かである。

内心『これで近親相姦は終わったのか?』疑問は残ってはいるが今日のところは何事も無さそうであり私は自分の股間が収まり始めると眠りに就いていた。





人気ブログランキングへ
客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
テーマ : 18禁・官能小説    ジャンル : アダルト
 2015_10_28



翌朝、目を覚ました私に半身を覆い被せる様に寝る娘。
娘を仰向けで寝かし直すと愛おしくなり額にキスをしベッドから出てキッチンへ向かった。

既に妻が朝食の準備をしており、自分が浮気し後ろめたい気持ちがあるのか小声で「おはよう」と言ってきた。
私は妻の昨晩の表情と淫靡な姿を思い出し、妻と同じく小声で「おはよう」と言って朝食をそそくさと済ませると会社へ向かった。

通勤途中で同僚の玲子にバッタリ出くわす。
玲子は上機嫌で「息子ちゃんどうだった?」と聞いてくる。
私が「流石に昨晩は何にも無かったみたいだよ・・・誰かに骨抜きにされただろうし」と伝えると「そうよかったわ」と言って言葉を続けた。
「息子ちゃん童貞だったわ・・・はじめてエッチしたって言ってたし私のアソコに入れる時も解らない感じだったから安心して」と朝からディープな話題をしてくる。
「そうか」私が愛想の無い返事をすると「今晩も頂いちゃうからね・・・3日くらい連続でエッチしたら私から離れられなくなると思うし」と言ってイヤらしい表情で笑みを浮かべた。

会社に着き自分のデスクに着いた時にスカウトマンの正臣からメールが届いた。
「昨晩はお疲れ様でした。本日はお昼に会う約束をしています。
昨晩の内容は映像として残してありますが必要ですか?」という文面だ。
『えっ・・・撮影してあったのか・・・』私はすかさず「他人に渡したり、見せたりしないように」と送ると同時に「私に撮影した物は渡して後は処分して下さい」とメールした。

正臣から暫らくするとメールが届き「録画したマスターは玲子さんに渡しておきます。玲子さんの手前、他に見せたり渡したりは絶対にしません。」と書かれていた。

お昼になると玲子が私に映像を記録したカードを渡してきた。

玲子は「今から一緒に確認ね」とノートパソコンを手に私をビジネスホテルへと誘う。
私が「なんでお前が見るんだよ」と言うと「私が色々と手配してるのよ!証拠を確認するのは当然でしょ!」と厳しい口調で返した。

ビジネスホテルに着いた私達。
テーブルにノートパソコンを置き、妻の淫らな映像を見始める私と玲子。

最初はホテルのベッドの部分を向けて固定してあったのか、会話だけで人は映っていない。
ただ、正臣の声で「彩子さん綺麗ですよ・・・」の声と妻の「んっ・・・ダメよ・・・やっぱり・・・」と躊躇う声が聞こえる。
5分くらい時間が経つとベッドに優しくキスされた状態で倒れこむ妻と正臣の姿が映し出された。

『いよいよか・・・』私がそう思って心の準備をすると正臣から「今からホテルです」とメールでの連絡が入った。
『今からか・・・』昨晩の画像を思い出すと股間を少し膨らませた。

ノートパソコンの映像では首筋を愛撫され「あんっ・・・はぁ~」と喘ぎ声を上げ始める妻の姿があった。
次第に服を少しづつ剥ぎ取られ、最初は恥ずかしそうにしていた妻だったが身体中を愛撫されながら下着を全て脱がされると胸をピチャピチャと愛撫され「はぁぁん・・・あぁぁ」と声を大きくし身体を仰け反らせた。

「あん・・・はぁ・・・気持ちいい・・あぁぁ」と妻の声・・・そして身体を小刻みに動かしながら感じている妻の映像。

私の股間はどんどんと膨らむ。
隣で見ていた玲子の息遣いも荒くなってきているようだ。

ノートパソコンの映像の中の妻は股間の辺りに手を添えられるとビクンッと大きく身体を弾ませる。

正臣が「彩子さん・・・すごく熱く、濡れてますね」と言いながら激しく手を動かし始めた。
「あぁぁ~いいわぁ~あぁっ」妻は喘ぎ声を上げながら正臣のペニスを手で握るとゆっくりと上下に動かしている。

そのイヤらしい手つきは私が知らない妻の本性だった。

愛撫され喘ぎ続ける妻に正臣はバックの中からアイマスクを取り出し妻に着け目隠しをする。
「えっ」と声を発した妻だったが外そうとはしない。

それどころか視覚を奪われた事で身体の感度が増したのか身体をビクンビクンと跳ねあげ「いく・・・いっちゃう~」と正臣の指でイカされたようだ。
ビクンビクンとベッドに全裸で横たわる妻の身体を正臣が身体を支えながら起こす。
目隠しされてイカされ顔と身体をピンク色に染めた妻が映し出された。

正臣が妻の口元に自分のペニスを持って行くと妻は亀頭の先端に口づけをすると、舌先でペニスをベロンと舐め上げ大きな口を開けて他人のペニスを美味しそうに咥え始めた。





人気ブログランキングへ
客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
テーマ : 18禁・官能小説    ジャンル : アダルト
 2015_10_28




プロフィール

erohituduma

Author:erohituduma
人妻を題材にした官能小説を書いています。
よろしくお願いします。
コメントなどを頂けると励みになりますm(__)m

エロエロな人妻を観てみませんか?

2000円分の無料ポイントありです♪

憧れのCAとの出会い

PR

QRコード

QR

メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。