FC2ブログ



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
 --_--_--



「近藤さ~ん どうぞ」

やや薄暗い通路を通り前を歩くスタッフの後を歩く近藤 信恵(33歳)。
3年前に出産し、それから体質が変わったのか身体の倦怠感を感じる事が多くなりアロママッサージの施術を受ける事にした。

先日、ショッピングセンターの買い物帰りにアロママッサージの看板を見つけた信恵は、後日そのアロママッサージ店を予約した。

アロママッサージ店に入った時からアロマのイイ匂いが店内に漂っており、信恵はその匂いを嗅ぐだけで身体が癒されていく気分になっている。

初めてのアロママッサージ・・・どんな施術なんだろうと少し緊張はしていたが、友人からは「アロママッサージでリンパの流れを良くしてもらうと身体が軽くなるわよ」と言われていたので早く体験したい気持ちが強い。

カーテンを開け個室に通された信恵。
「こちらに脱いだ服を入れて、この紙の下着に着替えて下さい。アロマオイルを塗りますので」
案内したスタッフに言われると、着ていた服を脱ぎ下着を外す。
子供を産んではいるが、まだまだ張りのある肌と自慢の形の良い胸がさらけ出される。
乳首は子供に母乳をやり、旦那や今まで付き合い関係を持った男達に吸い弄られ、黒く大きくなっており巨峰とまではいかないが大きい。

紙の下着を履き、バスタオルを巻いて診療ベッドに腰かける。
初体験は緊張するな・・・そう思っていると先程案内してくれた女性スタッフがカーテンを開け「あっ着替え終わりましたね」とニコッと笑い入ってくる。
「いつもはもう一人セラピストが居るんですけど、今日は子供の体調が悪いらしく帰ってしまって私だけなんですよ~」
「では施術始めますね」
「こちらを上にしてうつ伏せになって下さい」
そう立て続けに話す。

信恵は診療ベッドにうつ伏せになる。
バスタオルはお尻を半分まで隠す長さしかないが、女性セラピスト(30歳くらいに見える)で店内に誰も居ない事に安心する。
「どちらか重点的に施術した方がよろしい所ありますか?」
セラピストはアロマオイルを準備しながら話しかける。
「最近、全身の倦怠感が酷くて・・・」信恵はうつ伏せのまま答えた。

「ではアロママッサージをしながらリンパを流していきますね」
そう言うとアロマオイルを手に付け、ふくらはぎにオイルを塗り込む。
手を滑らせるように動かしていく。

そしてゆっくりと施術していたオイルでヌルヌルとした手が太ももの裏に達する。
信恵は心地良い施術に「気持ちいいですね~アロママッサージ初めてなんですが癖になりそうです」そう言って笑う。

「初めてだったんですか~身体の調子が良くなるようがんばりますねぇ」セラピストはそう言うとアロマオイルをたっぷり手に付けて内腿を揉みほぐしていく。
ゆっくりと何度も上下に往復する手と指の動き、少し股を開く姿勢にされると内腿の付け根の方にも往復する手が近づいてくる。

信恵はピクンと身体を動かした。
内腿を往復するセラピストのヌルヌルの指が花弁のすぐ横に一瞬触れたのだ。
ほんの一瞬、花弁の横に触れた指は再び下に行くと上がってきてまた一瞬だけ触れる。
それを何度か繰り返すと、セラピストは立ち位置を変え反対側の足を同じように揉み始める。

そして内腿をアロマオイルでヌルヌルにしながら花弁の横に一瞬指が触れた。
女性に触れられ、しかも施術されているにも関わらず、身体が火照り・・・花弁の奥にジワッと愛液が染み出るのを感じた。

バスタオルを腰まで捲り上げられると、紙の下着の上からポタポタと大量のアロマオイルが垂らされる。
温かいアロマオイルはお尻の割れ目を伝い、アナルに達すると花弁の割れ目に吸い込まれるように流れる。

信恵はあまりの気持ちよさにお尻をきゅっとさせた。



人気ブログランキングへ
客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : 18禁・官能小説    ジャンル : アダルト
 2015_07_24



お尻をきゅっとさせる信恵を揉みほぐすかのように、アロマセラピストの手が紙の下着をずらしながら直にお尻を大きく円を描くように動き始める。
紙の下着が無ければきっとアロマオイルで濡れたアナルが丸見えになるくらい横に大きくお尻の肉を動かされる。
「ちょっと下着、窮屈ですね」アロマセラピストはそう言うと紙の下着のゴムに手を掛け「失礼しま~す」と大きな声を出すとズルッと一気に太ももの真ん中ぐらいまで下げる。
信恵はあまりの早業に考える余裕もなく、されるがままになり施術を受けた。

再びアロマオイルがお尻に垂らされる。
信恵の陰毛が濡れるくらいに垂らされる。
そして先程と同じようにセラピストの手はヌルヌルのお尻を大きな円を描くように動き始める。
パックリとお尻の割れ目が開きアナルが見えるようになる。
オイルで濡れたアナルが横や上に動き卑猥な動きをする。

この時、信恵の頭の中は丸見えのアナルよりも愛液を今にも溢れ出しそうな花弁に意識が集中している。
心の中で『こんなに気持ちがいいなんて・・・施術なのに・・・』そう思うと子供を産んでからセックスレス状態が続き、潤いに飢えた信恵の花弁は更に熱くなる。

「失礼しま~す」大きなアロマセラピストの声と共に、今度は上半身を隠していたバスタオルがサッと剥ぎ取られる。
背中にオイルが垂らされるとゆっくりと上下にヌルヌルの手が動き始める。

「はぁ~」と吐息が漏れる。

「では、仰向けになって下さい」と言われると大きな胸を片手で隠し信恵が仰向けになる。
紙の下着はいつの間にか脱がされていた。

全裸で仰向けに寝る信恵の顔にタオルが被せられる。
「オイルが間違って目に入っては大変ですから」そうセラピストに言われると納得し視界を奪われる。

そしてうつ伏せの時と同じ順番でセラピストのヌルヌルした手が動く。
太ももに来た手は、信恵の股を少し開かせるとゆっくりと内腿を這うように動く。
『あぁ~見えちゃう・・・』信恵は視界を被せられたタオルで奪われ、セラピストの視線が花弁に向けられている事を妄想した。
時折りポタポタと温かいオイルを太ももから鼠頸部に掛けて垂らされる。

そして鼠頸部に指が置かれると上や横に動き出す。
信恵の花弁は鼠頸部を刺激する指の動きに合わせてうねうねと動く。
そして花弁の横に指が当たる・・・ピクンッ・・先程より大きく身体を反応させる信恵。
誰にも弄られていないクリトリスが自分の物では無いくらいに熱くジンジンする。
貝のように閉じていた花弁も開き始め、入り口から涎を垂らすように愛液が顔を覗かせた。

そのまま直に花弁に触れて欲しい衝動に駆られる信恵。
しかし、その期待を裏切るように上半身へと施術は移って行く。

お腹をやさしく動く手は徐々に上へと昇り、胸を隠していた信恵の腕は横に下ろされる。
胸にポタポタとアロマオイルが垂らされる。
垂らされた一滴が乳首を直撃すると、ムクムクと乳首が勃起していく。

胸を円を描く動きでヌルヌルと手が動く。
大きく動く円は徐々に小さな円になり、スッ・・・スッと勃起し大きくなった乳首をかすめて動く。
そしてセラピストの手の平が乳首を覆い隠すように乗せられると乳首左右上下とコロコロと転がし始める。
思わず「はぁん・・・あん」と声を出す信恵。
セラピストの手の動きは一定のリズムで動き続ける。
身体をピンク色に火照らせセラピストの手に犯され悶えにビクンッ・・・ビクンッと動き「あぁ・・・あん」と喘ぐ信恵。
胸の中央で動いていたセラピストの手が離されると、黒ずんだ大きな乳首を痛いほど勃起し上に突き出していた。

「はぁ・・・はぁ」と息を荒くし、身体をピクピクと動かす信恵。
花弁から愛液が溢れアナルを伝いお尻を濡らしているのが解った。

不意に大きな乳首がセラピストの小指で横に弾かれる。
「ひぃっ」と声を上げる信恵。
小刻みに動き大きく勃起させた乳首を弄られ続けると、信恵は腰を浮かせ愛液とアロマオイルで濡れて光る花弁を突き出した。




人気ブログランキングへ
客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
テーマ : 18禁・官能小説    ジャンル : アダルト
 2015_07_24



濡れて光る花弁をヒクヒクさせ何かを入れて欲しそうに突き出す。
「はぁ・・ああん・・・あん・・・」アロママッサージを今日初めて会ったセラピストから施術されている事を忘れるくらいに快感に酔いしれる。
信恵の手がアロマセラピストの股間に向かって動く。
短めのスカートの中へ入れ内腿を撫でながら花弁の方に向かう信恵の手に濡れる。
セラピストの愛液が垂れて内腿に流れていた。
その愛液を流れる先を確かめる様に動いて行くと直に花弁に手が触れた。
セラピストは下着を履いていないようだ。

クチュ・・・クチュッ・・・と愛液が溢れるセラピストの花弁の入り口を弄る。
「あん・・・イケませんわ・・・お客様にそんな事されたら・・・」セラピストは喘ぎながらそう言うと全裸になる。
施術台に信恵の顔を跨ぐようにして乗ると、信恵の顔を覆うタオルから口元だけを出させる。

そして信恵の口に自分の愛液をポタポタ垂らすと腰を沈める。
信恵の唇にセラピストの花弁が当たる。
信恵は花弁から溢れる愛液をズズズッと音を立てて吸うと舌を出してセラピストの花弁の入り口に差し込んでいく。
「あん・・・いけませんわ・・・ああぁ・・・」セラピストは腰をガクガクさせる。

舌を出し入れさせながらセラピストの花弁を愛撫し続ける信恵の乳首が再びピン・・・ピンと弾かれる。
ピン・・・ピン・・・と規則正しく乳首を刺激されながら股を手でグイッと大きく開かれ、剥き出しになり大きく開いた花弁の入り口やクリトリスにポタポタとアロマオイルが垂らされる。
花弁の中に吸い込まれていくオイル・・・。

花弁の入り口やクリトリスを何か太い棒のようなものでピタンピタンと叩かれる。
身体に電流が走ったように感じ「んん~はぁん・・・」と声を上げる信恵。
信恵の両方の乳首も相変わらずピン・・・ピンと弾かれ刺激するのを止めない。

太い棒は信恵の花弁の入り口で先端をグリグリさせている。
なに・・・何かの器具・・・バイブ・・・でもセラピストの手は私の両方の胸を・・・・。
そう信恵が思った瞬間・・・ズブ・・・ズブッ・・・グチュッ・・・と音を立てながら信恵の花弁の入り口を目一杯押し広げて何か温かいものが入ってくる。
「ひぃぎぃ・・・がぁ~~~裂ける・・・・あぁぁ~」セラピストの花弁を舐めている信恵の口から絶叫のような声が響く。
あまりに大きな温かい棒は入り口だけ出なくゆっくりと奥に入ってくる。
「がぁっ・・ひっ・・・あああぁぁっ・・・だめ・・・何・・・止めて・・・」あまりの衝撃に頭を振り手で自分の花弁に入ってくる物を止めようとする。
手がガシッと掴まれる。
信恵の手首を掴んだ手はかなりの大きさだ。

顔の上に乗っていたセラピストが診療台から降りる。
大きな手に両手首を掴まれ、花弁に今まで感じた事の無い衝撃が走り・・・頭を大きく横に振る。
セラピストが信恵の耳元で「痛いのは最初だけよ・・・今に病みつきになるわ・・・ふふふ」と笑うと信恵の顔を覆っていたタオルを取る。
「いやぁぁ~~~」信恵の叫びが周囲に響いた。

信恵の周りを3人の黒人が囲み、その一人の極太のペニスが信恵の花弁に半分だけ入れられている。
他の二人のペニスはぶらんと勃起せずにぶら下がった状態だが・・・それでも信恵が今までに見た事の無いような大きさだった。

「いや・・抜いて・・・こんなの無理よ・・・」そう叫び続ける信恵。
その言葉を無視して花弁の中のペニスはゆっくりと動き出す。
「がぁあぁぁぁ~ひぃぃぃ~」奥に入れられ引き抜かれる度に内臓が全て引き出されるかのような感覚になる。

「ひぃぃぃ~ああああ」身体を大きく前後に動かし悶え続ける。

極太のペニスに串刺しにされ、身体の自由が利かなくなるような感覚・・・他の黒人いに掴まれていた腕はいつしか離され、診療台の横にだらりと肩が抜けたように垂れている。

ぐちゅ・・・ぐちょっ・・・ぐちゅっ・・・リズミカルに動きづ付けるペニス。
下半身もマヒし始め・・・花弁を動く極太のペニスだけを感じ取る事ができる。

どれだけ黒人のペニスで突かれ続けていたのか解らないくらい長い時間が過ぎた感じがした。
日本人とのセックスの10倍は長く感じられる時間。

「あぁ・・・ううぅぅ・・・」思考能力が無くなる。
時折りガクンガクンと人形の様に身体を動かす信恵の目に立ったまま他の黒人のペニスを咥え後ろからパンパンと突かれ悶えるセラピストが見えた。




人気ブログランキングへ


客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
テーマ : 18禁・官能小説    ジャンル : アダルト
 2015_07_25



はぁ・・・あぁぁ・・・ぎぃぃ~~いく・・・いくぅぅ身体を何度も激しく痙攣させ信恵は何度も何度もイキ続ける。

セラピストの口に入っていた唾液でヌラヌラと濡れた太いペニスが信恵の口に当てられる。
舐めろと命令されていないのに信恵は自ら舌を出し舐め始める。
そのペニスは信恵の口の中に入ってくる。
顎が外れ口元が裂けると思うくらいに太く長い。

ぐぽっ・・・ぐぽっ・・・信恵の口を花弁に見立てる様に動く。
喉の奥深く出し入れされると唾液と胃液を口元から掃出し花弁を犯され続ける。

花弁に入れられている極太のペニスが更に大きくなり、腰の動きも早くなっていくのを少ない思考回路で感じた信恵。
頭を横に振り「いや・・・中はダメ・・・できる・・・今日はダメな日なの・・・」と言った瞬間、子宮の中に黒人の亀頭から熱い大量の精子が注ぎ込まれ始める。
「いやぁぁぁぁ~~」お腹が注ぎ込まれた大量の精子でパンパンになる感覚を感じると、身体を大きくバウンドさせて信恵も果てた。

白目を剥いて失神した信恵の花弁から栓をしていたペニスが引き抜かれるとポッカリ大きく開いた花弁の入り口からドロドロした黒人の精子が溢れ垂れ始める。
そしてそれを洗い流すかのように信恵はチョロチョロと小便を出した。

ガクンガクンと身体を揺らされ信恵は意識を戻す。
一人の黒人に身体を後ろから抱えられ、下に寝て極太のペニスを立たせている男の上で身体を上下に動かされ、ペニスで花弁を犯されていた。
「ひぃぃ~だめ・・・もうだめ・・・出る・・・出ちゃう・・・」潮か小便か解らない液体を寝ている黒人にブシャーっとシャワーのように降らせる。

そして再び意識を失った。

微かな痛みと激しい快感で目を覚ました信恵。
大きな胸を揉まれ大きく黒ずんだ乳首を噛まれ、薄っすらと血が滲んでいる。
そして花弁には極太のペニスが出入りする。
「あぁぁ~はぁん・・・いい・・・もっと・・・もっと突いて・・・」黒人の極太のペニスに何度も突かれ続け拡張された花弁は信恵をただのスケベなメスに変えていた。

精子を出して果てた他のペニスを片手でシゴキ、口に咥える。

身体中をアロマオイルと黒人の精子と愛液と小便でグチョグチョにしながら悶えつづけ、三人目の黒人の精子が子宮に大量に注ぎ込まれると黒人に抱き着き意識を失った。

しばらく意識を失っていた信恵が目を開けると、辺りを見回した。
最初と同じように診療台で寝ている。
黒人の姿は無く、信恵の身体を滑らすような動きでアロママッサージするセラピストが居た。

意識を戻した信恵に気付いたセラピストは、「どうでした・・・気持ちよかったですか?」と信恵の耳元で囁き吐息を掛ける。
うっとりとした目で「はい・・・とても・・・」と答える信恵。

「では、本日の施術はこれにて終わりますね」とニコッと笑うセラピストに「はい・・・ありがとうございました」と力無い声で答えた信恵は、身体を起こすとポッカリと大きく口を開け赤く充血しヒクヒクと動き続ける花弁を見た。

「次回の予約をいつになさいますか?」とセラピストに訪ねられると・・・・
「明後日・・・お願いします」と言い会計を済ませると店を後にする。

ポッカリと大きく開いた花弁が自分の物で無いように疼き、家に帰ると途中で買った500mlのペットボトルを花弁に入れて悶え続けた。




人気ブログランキングへ
客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
テーマ : 18禁・官能小説    ジャンル : アダルト
 2015_07_25




プロフィール

erohituduma

Author:erohituduma
人妻を題材にした官能小説を書いています。
よろしくお願いします。
コメントなどを頂けると励みになりますm(__)m

エロエロな人妻を観てみませんか?

2000円分の無料ポイントありです♪

憧れのCAとの出会い

PR

QRコード

QR

メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。