FC2ブログ



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
 --_--_--



入社し社内研修を受けた私は営業三部に配属された。
営業三部は私を含め10名が在籍しており、8名が女性だ。
残りの2名の男は新入社員の私と、今年60歳になった部長のみ。

私は気が重かった・・・体育系で男社会の中で揉まれてきた私にとって、女性の中に囲まれての仕事はキツイ。

今日は初めての外回り。
私の直属の上司は祥子(35歳)。
旦那と子供を二人育てながらも営業三部の課長として実質全てを仕切っている。
身長は160cmくらいで、スタイルは手足がすらりと長く、全体的に細見だが胸は大きい。

地下鉄に乗り営業先へと向かう。
地下鉄で180cmの私は祥子を横目で見下ろす。
祥子の胸元を真上から見る・・・大きく張り出した胸・・・そしてブラウスのボタンとボタンの隙間から電車が動く度に谷間が見えた。
横目でそれをチラッチラッと見て楽しむと私の股間はムクムクと大きくなり、我慢汁がパンツを濡らす。

勃起し盛り上がった股間を隠すようにバックを前に持ち隠す。

地下鉄が止まり、祥子が降りた・・・私はカバンを前に持ったままの不自然な状態で祥子の後を追った。

一社目の営業が終わると二社・・・三社と営業に回る。
地下鉄や営業先に辿り着くまでの道中は、祥子が営業先の会社の事を色々と説明してくれている。
時折り「ちょっと・・・聞いてる」と私の目を下から睨むように見つめる。
胸に視線を向けていた私は「はい」と言って、ワザとらしく視線を逸らした。

三社目の営業で取引先の担当者に紹介される私。
お互い「あっ」と声が出す。
キョトンとする祥子に私は「大学の先輩です」と言うと「あらっ・・・そうなの」と言って挨拶する。

三社目の営業先を出る時、担当者の先輩が私の横に来て「お前の上司、仕事はできると思うけど部下には厳しいらしいから気を付けろ」と耳打ちした。
私は社内でもその噂を聞いており知っていた。
何人もの営業三部の新人が祥子と組まされると会社を辞めていた事を・・・。

ワザとらしく大きな声で「ありがとうございます。頑張ります」と言って大学の先輩に挨拶すると、祥子の後に着いていく。
祥子は帰り道「三社目の営業はこれから貴方に任せるね・・・知っている人だし、やりやすいでしょ」と言うと地下鉄に乗り込む。

地下鉄内は混んでいた。
祥子と奥へと押し込まれる。
私と祥子は押し込まれた地下鉄内で向かい合う状態になっている。
背の高い私は吊革になんとか手が届き自分の体制を維持する事ができる。
祥子の頭は私の胸の位置にある・・・ドキドキと鼓動が早くなる。
そして祥子の頭から女性の良い匂いが鼻を突く。

電車が揺れた。
祥子の身体が密着するが腕を前に組む様に持って来ており私の腹筋に肘を押し当てるだけだ。
ただ、自分の胸を庇う様にしている腕で胸が潰れ押し上げられると、私の眼下にブラウスの胸元から押しつぶされ持ち上げられた胸の谷間が見え始めた。
私の若いペニスはその光景を見るだけで大きくなる。

後、2分もしない内に次の駅。

そう思った瞬間、車両は大きく揺れ、社内の人の波に押され祥子は私に身体を預けた。
祥子のお腹に私の大きくなったペニスがめり込む。
私の勃起したペニスは大きい長さは20センチくらいで太さは直径で5センチはある。
祥子は一瞬ビクッと反応したが満員の車内で動く事は出来ない、祥子の身体が熱気を帯び熱くなり始めるのを感じる。

私は『まずい・・・変態だと思われるな・・・』そう思ってい目を閉じて、他の事を考え勃起を抑えようとする。
電車は反対方向に揺れ、祥子が身体を離す・・・。
次の瞬間、私目掛けて祥子の身体が倒れこんでくる。
再び祥子のお腹に勃起したペニスがめり込んだ。

そして、最寄り駅に着くと人の波に押されるように、ホームへと降り中央に行くと振り返る。
そこには顔をほんのり赤くした祥子が立っていた。




人気ブログランキングへ
客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : 18禁・官能小説    ジャンル : アダルト
 2015_07_22



ホームの中央で向き合う私と祥子。
祥子が少し赤くした顔を私の方へ向ける。
思わず「すみません」と言いかけた私に祥子が「ごめん・・・口紅付けちゃったね」と言った。
えっ・・・私は自分の胸元を見る。
祥子の口紅の跡がくっきりと浮かんでいた。

ここで口紅の跡を取る事も出来ず、会社に戻る。
会社に着くと他の社員は退社し始めるところだった。
私は口紅の跡が見えないように隠しながら、他の社員に「お疲れ様でした」と挨拶をする。

自分の席に座り営業日報を書き始めると最後の一人も「お先に」と帰っていった。
時計を見ると19時30分。
車内には私と一緒に帰社した祥子だけだった。

皆が帰ると祥子は「ちょっとこっちに来て」と給湯室に私を連れて行く。
祥子はハンカチを少し濡らすと、私の胸に当てるとポンポンと叩き口紅の跡を取ろうとする。
狭い給湯室、前に立つ祥子の胸元が眼下に見える。
股間が大きくなり始めるのを感じ、視線を逸らし天井を見上げ他の事を考えるようにする。

ポンポンとリズムよく叩く動きが止まる。
視線を逸らしていた私は祥子の方へ視線を向ける。
私のペニスは意に反して大きくなっており、股間を大きく膨らませており、その大きく膨らんだ股間に目線を送り祥子の手の動きが止まっている事に気付く。
時が止まったように長く感じる。おそらく次に動くまで3秒も経っていないのに10分・・・いや20分近く時間が経っているように感じられた。

祥子がピクンと急に我に返ったように、ハンカチを持った手を動かしだす。
また身体に熱を帯びているのか、祥子の身体から女性のいい匂いが発せられ、給湯室を埋め尽くしていく。
狭い給湯室で女性の匂いを嗅ぎペニスを勃起させる。
我慢汁が亀頭の先から溢れ、パンツを濡らしていくのが解る。

心の中で『襲っちゃえ』と『我慢しろ・・・職を失うぞ』の天使と悪魔の声が聞こえ、私は葛藤する。
私の心の中で天使の声が勝つ。
「あっ・・・もう大丈夫ですよ」と祥子に声を掛ける。

祥子は下を向いたまま「うん・・・もう少し・・・」と答えた。

まずい・・・私の中の悪魔が再び大きな声で『襲っちゃえ』と頭の中で響いた時、私のベルトがカチャッと緩められた。
えっ・・・私は自分の下半身に目を遣ると自分の目を疑った。
祥子の手は私のベルトのバックルに手を掛けると、ゆるめ・・・外し始める。
そしてズボンのホック・・・ジッパーに手を掛けるとゆっくりと下げる。

押さえの無くなったズボンは重力に逆らえず、ファサっと足元まで一気に落ちた。
ペニスの跡をくっきりと映す黒色のボクサーブリーフが露出させられる。
亀頭がある部分は我慢汁で濡れているのが解る。

私は固まっていた・・・女性経験はあるが、女性からズボンを脱がされた経験は無い。
まして社内で付き合ってもいない年上の女性。

祥子の手がゆっくりと私のボクサーブリーフのゴム部分に触れると、ブリーフを下ろした。
一旦、ブリーフと共にお辞儀をするように下に下がったペニスはブリーフを完全に下ろされると反動で下腹部に勢いよく当たる。
その大きさを見て「はぁ」と吐息を漏らす祥子。

手で恐る恐る私のペニスに触れる。
ドクンッドクンッとそこに心臓があるかのように脈打つペニス。
「すごい・・・大きい」と譫言のように言うと、口を半開きにし舌を少し出してペニスに顔を近付けていった。



人気ブログランキングへ

客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
テーマ : 18禁・官能小説    ジャンル : アダルト
 2015_07_22



祥子は私のペニスに顔を近付けると舌で亀頭の先端から溢れる我慢汁を舐め上げる。

そして小さく上品な口を大きく顎が外れそうなくらいに開くとペニスを咥え、口の中で舌を器用に動かし私の亀頭やカリを刺激する。
「ああぁ」私はあまりの快感に情けない声を出す。

祥子はゆっくりと頭を上下させると口元から涎をツーっと垂らし給湯室の床を汚した。
私の理性は完全に飛び、祥子のブラウスのボタンに手を掛けると胸元から三個目まで外す。
ペニスを咥える為、前のめりになっている祥子の大きな胸がブラジャーに支えられながらも下に垂れている。
私はブラジャーのフロントホックを片手で器用に外す。

ブルンっと祥子の大きな胸が重そうに下に垂れ、黒ずんだ乳首を固く勃起させていた。
胸を下から鷲掴みし揉むと薬指で乳首をピンッピンッと弾く。
ペニスを口一杯に頬張り、「んっ・・んっ」と苦しそうな表情で喘ぐ祥子。
乳首を人差し指と親指で挟み下に引っ張る。
「ん~んん~~」と悶え必死に頭を上下させる。

顎が疲れてきたのか、口から唾液でベトベトになったペニスを出すと、手でシゴキ出した。
イキそうになるのを必死に堪える私・・・ペニスが更に膨張し亀頭が膨らむと「イッてイイよ」と言うと再び大きく口を開けてペニスを咥えると激しく上下させ、口に納まりきらない部分を手で上下に擦る。
私は我慢の限界に達し、祥子の頭に手を置くと喉の奥目掛けてビュッドビュッと精子を吐き出した。
そして祥子の口を花弁に見立てて腰を振り、喉の奥をペニスで突く。
祥子は苦しそうにしながらも私に頭を押さえられ、逃げれずそのままゴクッ・・・ゴクッ・・・と大きな音を立てて精子を飲んだ。

精子を祥子に飲ませた私は、急に素に戻り・・・祥子にペニスを咥えられたまま・・・『どうしよう』と考え始める。
祥子はペニスをチューっと吸い残った精子を全て吸い取る。

しばらくペニスを咥えたまま動きを止める祥子。
口からペニスを出すと下を向いて恥ずかしそうにしている。
可愛らしい女性の仕草にムラムラっとし、ペニスは再び大きくなり始め祥子のほっぺたにくっ付いた。
それを見た祥子はゆっくりと立ち上がると後ろを向いてストッキングとパンティーを下ろす。
パンティーは濡れて光っていた。

私は祥子のスカートを捲るとペニスを祥子の花弁に押し当てる。
祥子の愛液をたっぷりペニスに擦り込むと、立ちバックの体制でゆっくりと花弁の入り口を広げ中へと入っていく。
「ひぃ・・・ん・・・あぁぁぁ」給湯室に祥子の喘ぎ声が響く。
祥子は給湯室の壁に手を突き腰をガクガクし始める。
「大きい・・・裂ける・・・壊れちゃう」祥子の弱々しい声が聞こえる。
ペニスはまだ半分も入っていない。
私の心の中の悪魔が『壊せ・・・壊せ・・・』と囁く。

私は祥子の花弁近くを両手の親指を使い押し広げると腰を一気に奥まで突き出した。
「あぁぁぁ~痛い・・・痛い・・・」そう言う祥子の言葉を無視し、腰を振りパンパンと肉と肉がぶつかり大きな音がするくらいに激しく腰を振る。
「だめぇ~壊れる・・・あぁぁぁぁ~」と頭を大きく振り始める。
花弁から愛液がクチュ・・・クチャッと鳴り、祥子の膝元まで流れ垂れていた。
パンパンパンパン・・・リズム良く腰を打ち付けると「あぁ~はぁん・・・あぁぁ」と痛みより快感が勝り始めたのか大きな喘ぎ声を上げる。

ペニスを一旦抜かれると、ポタポタと花弁から溢れる大量の愛液を床に零しはぁ・・・はぁ・・・と息を切らす。
私は子供を正面に抱っこするように軽々と祥子を抱え上げると、ゆっくりと花弁にペニスを差し込んでいく。
祥子は私に必死にしがみ付くと、キスをし舌を絡め始める。

花弁をパックリと開きペニスを根元まで咥えると、子宮口を亀頭でグリグリされ「ぐぁあ・・・ぎぃぃ~」と獣のような声をさせ身悶えする。
そして私に抱えられたまま駅弁の体制で何度も何度も下から突き上げられる。
愛液なのか潮なのか解らないくらいに花弁からビチャビチャと液を垂らし始める。

「もうだめ・・・あぁぁぁ」と祥子がイキ花弁をキューっと締め付けると私も限界を向かえる。
給湯室の流し台の横のスペースに祥子を乗っけてペニスを引き抜くと祥子の下腹部目掛けて精子を吐き出す。
ドローっとした精子は流れ、陰毛を超えて花弁にまで垂れていった。

はぁ・・・はぁ・・・と息を切らす二人。
「こんなに気持ちイイの初めて・・・」祥子が呟く。

私が顔を近付けると祥子も顔を近付け、お互いの唇を貪り合った。




人気ブログランキングへ
客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
テーマ : 18禁・官能小説    ジャンル : アダルト
 2015_07_22



給湯室で上司と部下という関係では無く、ただの男と女の関係になった二人は激しく唇を貪り合うと服装を整えオフィスに向かい残務処理をする。
女上司としてこれまで部下に厳しい態度を取り続けていた祥子。
だが、今となっては新入社員で部下のペニスに魅了されたスケベな女になっている。

時計を見ると、まだ20時だ。
給湯室に行ってから30分しか経っていない。
もう何時間も愛し合っていたように思っていた。

祥子は手早く残務処理を終えたが部下の私が終わらないので帰る事は出来ない。
20時30分頃ようやく仕事を終えると祥子に「確認お願いします」と書類を提出する。

祥子はさっと書類に目を通すと「お疲れ様でした。帰りましょう」と言って腰を上げる。
まだ、激しいセックスの余韻で足腰がガクガクするのか少しよろける。
それでも上司らしく振舞い、私を従えて退社した。

股に太いペニスの入っている感覚が残っているのか、若干がに股のように感じる。
祥子は無言だったが、斜め後ろを歩いた私は「あの・・・」と声を掛ける。
私も年上の祥子の身体に魅了されていた。
もっと抱きたい・・・そう思っている。

祥子は足を止めるが、こちらを振り返らない。
私は後ろから祥子に近付くと手を取り、人気の無い場所へと祥子を連れて行く。
立ち止まり祥子の前に立つ。

祥子は少し涙目になっているのが解った。
自分のしてしまった事を後悔しているのか・・・夫と子供を持ち、女上司として仕事をしてきた彼女。
部下としてしまったセックス・・・しかも自分から誘ってしまった事を激しく後悔しているようだ。

「今日はすみません・・・俺・・・素敵な身体に見とれて・・・明日からも指導よろしくお願いします」とお辞儀をして私が言うと「うん・・・」と言葉を詰まらせる。
大粒の涙を流し、その場にしゃがみ込む。

私は少し間を空けて祥子の肩に手を置くと、支える様に祥子を起き上がらせ近くにあったベンチに座らせる。
自販機で缶コーヒーを買い祥子に渡すと、祥子の横に座り泣き止むのを待った。
泣き止んだ祥子が口を開き「私・・・元に戻れるか不安なの・・・さっきもオフィスで残務処理をしてたでしょ・・・あの時だって・・・」そう言い言葉を詰まらせる。

私は祥子が愛おしくなり、無言で抱きしめる。
祥子は私に抱きしめられると「はぁ・・・」と吐息を漏らし抱きしめ返した。
そして顔を上げた祥子にキスをする。

唇を離すと「さっ帰りますかッ」と言う私に「うん」と言う言葉を返す祥子。
駅までの道のりを私の袖口を抓み、後ろから着いてくる祥子は完全に私の女になっていた。

翌朝いつもどおりに出勤する二人。
私はいつも以上に元気よく周りの先輩社員にあいさつをする。
その光景に少し安心したのか、祥子は笑顔だった。

オフィスでの仕事では相変わらず厳しい表情を見せる祥子。
だが、一旦オフィスを離れ二人で外回りに出ると可愛らしい女性の表情になる。
営業先を周り、ランチを一緒に食べる。
ランチを食べてる間や移動時間は色んな事を目を輝かせ話しする。
そして再び営業に出た・・・営業の成果は順調だった。

日が暮れて辺りが暗くなり帰社する。
営業日報や商品の発注、残務処理をしていると、一人また一人と「お先にぃ~」と帰っていく。
また、祥子と二人っきりの時間になった。

祥子の方をチラッと見ると、なんだか落ち着かずソワソワし始めているのが解った。



人気ブログランキングへ
客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
テーマ : 18禁・官能小説    ジャンル : アダルト
 2015_07_23



祥子と二人っきりになったオフィス。
私は商品の発注を済ませると営業日報を手に祥子に近付く。
「確認お願いします」と祥子に提出する。

祥子は顔を赤らめている営業日報を確認し「OKね。ご苦労様」と祥子が言う。
私は横から祥子に近付くと祥子の顔を私の方へクイっと向けさせキスをする。
キスをされただけで祥子の息遣いが「はぁ・・・はぁ・・・」と荒くなっていくのが解る。

私は自分のジッパーを下ろすと、まだ柔らかく垂れ下がった状態のペニスを座っている祥子に近付ける。
祥子の目はペニスを見つめうっとりとした女の表情に変わっていった。

目の前にあるペニスを手を使わずにパクッと咥えると、中で舌を動かしペニスを大きくさせていく。
口を大きく広げる祥子はグポッ・・・ジュボッと音を立て頭を前後に振る。

そしてペニスを咥え前後に頭を振りながら器用にストッキングとパンティを下げた。
私が「ここで入れたいの?」と意地悪っぽく聞くと「入れて・・・早く入れて欲しいの」とオフィスの机に肘を着くと私の方へお尻を突き出す。
花弁は何にもしていないのに濡れて光っており、滴り落ちる愛液が糸を引くようにオフィスのカーペットを汚していく。

私は亀頭を花弁の入り口でグリグリとし焦らし始める。
「お願い・・・入れて・・・」と突き出したお尻を振りアピールする祥子。

意地悪く「何処に何を入れて欲しいの?」と亀頭の先端を花弁の入り口に少しだけ入れた状態で聞く。
祥子の口から「〇○のチンポを祥子の花弁の中に入れて欲しいのぉ」と顔を真っ赤にして言った。

私はその声を聴き、祥子が完全に自分にハマった事を確信すると十分に濡れた花弁の中にジュブジュブっとペニスをゆっくり出し入れさせながら入れていく。
「んんん~」祥子は苦痛の表情を浮かべる。
まだ拡張させていない祥子の花弁が窮屈そうに私のペニスを咥えている。
半分くらいペニスを入れた状態で苦しそうにする祥子を見て動きを止める。

しばらくじっとしていた祥子は自ら腰を前後に動かしながら「ひぎぃ・・・あっ・・・」と声を上げてペニスを根元まで花弁に収めて身体をブルブルと震わせている。
私は亀頭の先端で子宮口を感じるとそれを突くように腰を振り始める。
「あぁぁ~すごいぃ~いいぃ~」大きな声を誰も居なくなったオフィスに響かせる祥子。

腰の動きを速めると「いく・・・あぁぁ・・・いくぅぅ」と言ってガクガクと身体を痙攣するように動かす。
一旦ペニスを抜くと祥子を抱き寄せてキスをする。
祥子のデスクに仰向けで寝かせ股を開かせる。
そして再びペニスを捻じ込んでいった。

私が動く度にギシギシと軋むデスク。
そして子宮口を何度も突かれ、もはや壊れた人形のようにだらしなく身体を動かす祥子。
私はイキそうになるとペニスを膨張させ腰の動きを早くする。
ペニスを引き抜くとデスクで寝かされている祥子の顔の前に持って行き愛液まみれのイク寸前のペニスを持って行き咥えさせると手でしごいて口の中に精子を吐き出す。
大量の精子は口から溢れると口元から祥子のデスクに向かって零れた。

自分のデスクの上を愛液と精子で汚し、身体をビクンビクンと痙攣させる祥子。
私はティッシュで口元や机を綺麗にする。
そして祥子の身体を軽く持ち上げると椅子に座らせて抱きしめ耳元で「大好きだよ」と囁く。
祥子も抱きしめ返すと「うん・・・私も」と言った。

蟻地獄に飲み込まれるように、徐々に若い男の肉棒にハマっていく祥子。
不倫は行けない事と知りつつも・・・もっと愛し合いたい・・・と思う気持ちが日増しに強くなっていった。




人気ブログランキングへ
客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
テーマ : 18禁・官能小説    ジャンル : アダルト
 2015_07_23




プロフィール

erohituduma

Author:erohituduma
人妻を題材にした官能小説を書いています。
よろしくお願いします。
コメントなどを頂けると励みになりますm(__)m

エロエロな人妻を観てみませんか?

2000円分の無料ポイントありです♪

憧れのCAとの出会い

PR

QRコード

QR

メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。