FC2ブログ



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
 --_--_--



私(啓太36歳)は親戚の結婚式で、母親の実家のある田舎に来ていた。
この田舎に三泊四日滞在する予定だ。
近くにあるお店といえば車で30分山道を走ったところにあるコンビニエンスストアが一軒あるのみ。
繁華街やスーパーがある市内までは車で1時間はかかる。

見渡す限り山と田んぼと小川が広がる日本の良い風景を残す村。
実は・・・親戚には申し訳ないが、結婚式はどうでも良かった。

目的はただ一つ、従姉の由香里37歳に20年ぶりに会う事。
小さい頃の夏休みは20日くらいは毎年のように母の実家へ滞在し、野山を駆け回り年齢の近かった由香里とずぅ~っと遊んでいた。
由香里は私のファーストキスの相手だ。
最後に会ったのはお互い高校生の時で多感な年頃、お互いを変に意識し、あまり話した記憶が無い。

母親の実家で、お茶を飲み寝っ転がって旅の疲れを癒している私・・・ここまで来るのに車で8時間。
父母は別の部屋で祖父母や親戚達と話しをしている。

寝っ転がってボーっとしている私の頭上に誰かが立っている。
上を向くと由香里だった。
「啓太、久しぶりね~日本にいつ帰ってきたの?」久しぶりに聞く由香里の声。

私は大学を卒業すると外資系の会社に就職し、一年後にはアメリカの本社で仕事をし、昨年ようやく日本支社に転勤になり東京にマンションを借りて生活をしている。
アメリカでの生活が長く、向こうでアメリカ人のガールフレンドや日本人の彼女が出来たりもしたが、多忙で中々上手く恋愛できず未だに独身だった。

「去年ようやく帰って来れたんだよ~由香里も元気にしてたか?」

「私は・・・まぁ色々あったけど何とか元気にやってる」由香里が意味ありげに答える。

母親の話しでは由香里は5年前に離婚し、実家で農家を手伝っているらしい。
子供は出来なかったみたいだ。
「そっか・・・ところでさっきからスカートの中が丸見えだぞ」茶化して言う私。

由香里はバッとスカートを抑えると私の横に回り、蹴りを入れ「相変わらずスケベね~小学の頃から変わってないわ」と顔を少し赤くし照れ笑いする。
「痛いな~腕の骨折れたわ。言わんと眺めてればヨカッタ・・・ははは」私が小学校の時から変わっていない事にホッとしたのか、寝っ転がってる私の横にチョコンと座ると、大学時代の事や、アメリカでの生活の事など色々質問し私の話しを楽しそうに聞く。

由香里は相変わらず綺麗だった。
胸は大きくはないがスタイルは抜群。

色々話し込んでいる内に日が暮れて夕食の時間になる。
親戚10人で食べる夕食は賑やかだった。
慣れない日本酒を沢山飲み、涼みに庭先へ出る。

カエルや鈴虫の鳴く音が響き渡っている。
後ろからジャリっと砂を踏む音が聞こえ振り返ると由香里だった。
「啓太・・・まだ話ししたい事いっぱいあるし夕食済んだらドライブ付き合ってよ」と振り向いた私に言う。

「いいね~俺も由香里と話ししたい事、沢山あるし」そう言いドライブの約束をした。

21時になり夕食と言う名の宴会が終わると、由香里の車でドライブへ出た。




人気ブログランキングへ



客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : 18禁・官能小説    ジャンル : アダルト
 2015_07_20



慣れた感じで田舎の山道を運転する由香里。
とりあえずコンビニまでいく事にする。
小学生の頃、二人で遊んだ思い出をワイワイ話ししながらのドライブは楽しく、コンビニまでの片道30分の道のりはアッと言う間だ。

コンビニでジュースを買うと再びドライブを続け、街灯が一個だけついている薄暗い小学校の駐車場に車を停める。
小学校の花壇のブロックに座りタバコを吸う私の隣に由香里も座る。

そよそよと風が吹いており、由香里の髪から良い匂いが風に乗り私の嗅覚を刺激する。

由香里は自分の事を話し始めた。
離婚し実家に戻ったが、兄嫁が嫁いできており肩身が狭い事。
元旦那の暴力が酷く離婚した事。
お酒が入ると手が付けられなくなり、子供を身籠っていた由香里は暴力で流産したみたいだ。
由香里の横顔を見ると街灯の明かりで涙が頬を伝い流れているのが解った。

私は横に座る由香里をそっと抱きしめる。
由香里は一瞬ビクッとしたが、私を抱きしめ返すと今まで一人で抱えてきた思いを吐き出すように大きな声で泣いた。
私は由香里の頭を撫で泣き収まるのを待った。

しばらくして由香里は頭を上げると私を見つめる。
私が顔を近付けると、そっと目を閉じた。
小学校以来の由香里とのキス。
ただ小学校時代のチュッとするキスと違い、お互いの唇と唇を吸いあった。

そして二人でどちらともなくキスを終える。
由香里は私の肩に自分の頭を置くと、遠くを見つめながら「啓太と一緒だと落ち着くし、何でも話せるし、元気が出るわ」と言った。

私は「なぁ由香里・・・東京に出て来いよ」と言う。

由香里は「えっ・・・」と驚いた声を出す。
「私・・・ここから出た事無いし・・・一人暮らしなんて無理だよ・・・」と弱気な事を言う。

私が「俺と一緒に住めばいいよ。俺がずっと一緒に居るから・・・」と言ってる途中で由香里は私に抱き着いてきて、また涙を流す。
由香里は「嬉しい・・・嬉しすぎるけど・・・少し考えさせて」と言って顔を上げた。
私は目を見つめて「どうするか俺が帰るまでに聞かせて」と言ってキスをした。

帰り道、お互い気まずい雰囲気になったが、「小学校の時のキスは甘酸っぱかったけど、今日のは涙でしょっぱいキスやったわ」と笑うと、由香里は「もぉ~そんな事・・・恥ずかしいなぁ~」と言って笑い和やかな雰囲気になり帰宅した。

翌日、お昼からの結婚式が終わると、また親戚だけでの夕食という名の宴会だ。
親戚の新郎は新婦と一緒に市内で二次会に出かけていた。

宴会が終わるとこの日は飲んでいた由香里。
二人で涼みに外に散歩に出かける。
途中、昔のように手を繋いで坂道を上り、星を眺め、お互いを抱きしめ合うとキスをし家路に着いた。

滞在三日目は日中に田舎の名所巡りをし、夜はバーベキューと花火をして楽しんだ。
20年ぶりの花火。
そして私の横で楽しそうに笑顔で花火を楽しむ由香里の姿があった。

花火が終わると、由香里とドライブへ出かける。
初日と同じコンビニでジュースを買うと、小学校の花壇のブロックに座る。
しばらく沈黙の後、「私・・・東京で一緒に暮らす」と由香里が下を向いて話し始めた。




人気ブログランキングへ
客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
テーマ : 18禁・官能小説    ジャンル : アダルト
 2015_07_20



「私が居ても本当に邪魔にならない?」と問いかける由香里を抱きしめ、「邪魔になんてならないよ・・・一緒に居てくれればいい」と言って嬉しくて涙が溢れた。
私の涙を舌でペロっと舐めた由香里は「しょっぱい」と言ってニコっと笑う。

私は由香里にキスするとお互い激しく唇を貪り合い抱き合った。
由香里を自分の膝の上に乗せると服の上から胸に手を触れる。
私の首に手を廻してビクンッとする由香里。

服の中に手を入れブラジャーのホックを手際よく外す。
「啓太のエッチ・・・」そう言い私にキスを求める。
舌を絡ませ、私の手が由香里の胸を直に触ると、身体を激しくビクンビクンさせ「んん~」と喘ぎ始める。

乳首を指でコリコリと転がす。
「はぁ・・・あんッ・・・」由香里は私の膨らんだ股間に手を置くと「大きくなってるぅ~」と上下に摩る。
「もう苦しいくらい・・・」とニヤついた表情で言う私は、由香里の服を捲ると胸を愛撫し始める。

「ああぁん・・・」由香里の喘ぎ声を聞きながら、胸をゆっくり舌で愛撫すると乳首を重点的に舐める。
由香里は乳首を勃起させると更に大きな喘ぎ声を響かせた。

由香里の内腿に手を這わせ、パンティーの方へとゆっくりと動かしていく。
パンティーを指でツゥーっとなぞる。
「はぁん・・・だめぇ~」甘えた声で喘ぐ由香里のパンティーはグッショリと濡れていた。

私は中指でパンティーをずらしてと花弁に直接触れた。
温かくヌルっとした花弁・・・中指を動かすと濡れた花弁がクチュックチュッと音を立てる。
「だめ・・・はぁはぁ・・・んん~あんまり弄らないで・・・いっちゃうッ」その言葉を聞くと余計に弄りたくなり、花弁からクリトリスに指を這わし刺激する。
2~3度、指を往復させると「あぁぁぁぁ~だめ・・・いくっぅぅ」私にしがみ付き、身体を激しくビクンッビクンッと痙攣させて果ててしまう由香里。
感じやすい体質なのか、身体はすごく敏感でイキやすいようだ。

私にしがみ付いていた由香里が耳元で「啓太の欲しい・・・」と甘えた声で言ってくる。
私はズボンから既に固くなっているペニスを出す。

由香里は私のペニスを握ると「啓太の大きいね・・・入るかな」と言うと自分でパンティーだけを脱ぎ花弁の入り口に亀頭を擦り付ける。
そして身体を私に支えられ仰け反らし、ゆっくりと腰を落としていく。
「んん~きつい・・・」と言い半分入ったところで腰の動きを止める。
「はぁ・・・はぁ・・・大きいのはアメリカに居たから?」と笑い、ゆっくりと腰を上下に動かす。

私は由香里の温かい花弁の中を感じ幸せの絶頂だった。
ズブッ・・・グチョ・・・グチュッと花弁から卑猥な音を立ててゆっくり動き身体をヒクつかせる。

私が今まで付き合った女性の中で、こんなに気持ちのいい花弁の肉壁をした女性はいなかった。
私はあまりの気持ち良さに何度か腰を上下されただけでイキそうになる。

「ダメだ・・・俺・・・もう・・・イキそうだよ」そう言う私に「中に出していいの・・・私に啓太の頂戴」由香里はそう言うと、少しだけ腰を早く動かす。
私は由香里にしがみ付くと「いくっ」と言葉を発し、由香里の中に精子を吐き出した。
由香里は私が精子をビュッビュッと吐き出す度に「あぁぁ・・・啓太の入ってくるぅぅ~」と言うと身体を前後に大きくビクつかせた。

小学校の花壇で野外セックスした私達・・・しばらくその場で抱き合いキスをした。
由香里は「啓太・・・大好き」と言って私に抱き着いた。

すっかり遅くなった私達はこっそり寝静まった家に帰った。




人気ブログランキングへ
客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
テーマ : 18禁・官能小説    ジャンル : アダルト
 2015_07_20



翌朝、三泊四日滞在した母の実家を出る準備をする。
由香里の事が気になる。

昨晩は、由香里と初めて一つになり愛し合った興奮で寝つけなかった。
由香里が帰る準備をしていた私の近くに来る。
私の耳元で「そっちに行けるようになったら連絡するね」と言うと、隣の部屋で私の母と談笑した。

私はドキドキしていた。
由香里は本当に東京に来るだろうか?
血縁の近い従姉とは結婚できない事も知っており、この先どうなっていくのか正直不安でもあった。

帰宅する準備が出来ると祖父母や叔父さん叔母さんに挨拶をし、両親と一緒に車に乗り込んだ。
由香里も出てきていたが寂しそうな表情をしていた。
「じゃあな由香里・・・また今度」と笑顔で言う私に、涙目の由香里はコクリと頷いただけだった。

車が動き出すと由香里の姿はどんどん小さくなり、山道のカーブを曲がると見えなくなる。

しばらく行くと昨晩、由香里と愛し合った小学校の花壇が見える。
昨晩の事が思い出され・・・思わず股間を膨らました。

東京に着き両親と離れると自分のマンションに帰った。
翌日からは仕事だ・・・一人では広すぎる部屋。
由香里・・・いつ来るかな?そう思い来た時の生活を頭の中でシュミレーションし早目の眠りに就いた。

翌日から激務が待っていた。
海外との取引もある為、現地との時差の調整で深夜や早朝ににテレビ会議がある。
目が回るほどの忙しさだ。

由香里からは連絡が無く、携帯電話が繋がらない田舎の村という事もあり簡単に私の方から電話する事が出来ない。
実家に掛ければ叔父や叔母そして祖父母が真っ先に電話に出そうな気がしていたからだ。

1ヶ月が過ぎようとした金曜日の夜。
携帯に着信履歴がある事に気付く。
公衆電話からだ・・・由香里だ・・・そう思うと会いたい気持ちが強くなる。
『どこから掛けたのか・・・』そう思い電車に揺られ最寄り駅に着き改札を出る。
再び公衆電話からの着信・・・急いで電話に出た。
「啓太?」由香里の声だった。
「由香里、今どこ?」と急いで私が言うと「教えて貰った駅にいる・・・どこに行けばいいの?」と由香里は不安そうな声で言う。
斜め前方に、大きなキャリーバックを横に公衆電話で話す女性の後ろ姿に目が行く。

私はダッシュでその女性に駆け寄ると「由香里?」と声を掛けた。
「えっ?」と電話に向かって話しかける女性は「うしろ」と言う私の声で振り向いた。

由香里だ・・・顔を見た瞬間嬉しくて涙が溢れた。
そして由香里を抱きしめキスをする。
由香里は大勢の人が行き交う場所で、恥ずかしそうにしていた。

私は由香里の大きなキャリーバックを引くとマンションへと向かった。



人気ブログランキングへ

客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
テーマ : 18禁・官能小説    ジャンル : アダルト
 2015_07_21



「来るんだったら、少し前に言えよ・・・俺にも準備って物があるだろ」とニヤっと笑い言う私。
由香里は「ははぁ~ん、他の女の物が部屋にあるんでしょ・・・このスケベ」といつもの調子で言う。

マンションの前に着くと「えっ・・・すごい・・・ホテルみたいなんだけど」驚く由香里。
オートロック等の使い方を教えるが、まだ覚えるのには時間が必要だ。

部屋に入り扉を閉めると私は由香里を再び抱きしめ唇を貪るようにキスをした。
長いキスの後で一緒に部屋に入る。
「すごいね~綺麗にしてるんだぁ~・・・夜景綺麗~」いちいち感動する由香里。

マンションの部屋を一通り案内する。
そしてシャワーを交互に浴び終えると、リビングで腰を落ち着ける。
ビールで二人の新しい生活に乾杯した。
由香里は慣れない環境に始めはソワソワしていたが、ビールを飲み色んな話しをする内に寛ぎ始めた。

24時を少し過ぎた頃、「そろそろ寝るか」と私が言うと恥ずかしそうに「うん」と言って寝室へと一緒に向かう。
ベッドに二人で入ると由香里は「これからよろしくね」と言って私にキスをする。
「こちらこそ」と言い由香里の首筋にキスをし、薄暗い寝室の中で由香里を首筋からゆっくりと愛撫し始めた。

由香里の着ていた服を愛撫しながらゆっくりと脱がしていく。
大人になって初めて見る由香里の全裸姿・・・30歳後半とは思えない程綺麗な身体だ。
「啓太・・・そんなに見ないで恥ずかしいよ」と言って抱き着きキスをする由香里。

私はゆっくりと首筋から鎖骨そして乳房に円を描くように舌を這わせていく。
口に乳首を含むと「はうっ」と言って身体をビクッとさせる。
私は唇と舌を使い乳首を刺激し、「はぁ・・・んん・・・あぁぁ」と言って喘ぐ由香里の花弁に向かってゆっくりと指を動かしていく。
ピクンっピクンっと身体を動かす由香里の花弁に触れる。
既に花弁は愛液でぐっしょりと濡れている。
溢れてくる愛液をクチュクチュと指に塗り込むとクリトリスを刺激する。

「はぁ~ああぁぁ~」と身体を仰け反らせる。
そして由香里の花弁に顔を近付けて匂いを嗅ぐと「だめ~」と言う由香里の声を無視して花弁に舌を這わせる。
くちゃ・・・ぴちゃ・・・「はぁん・・・あぁぁ~」喘ぎ声と花弁から舐められ出る音が寝室に響く。

由香里は私のペニスを握ると「あぁ~大きい」と言って舌を出し舐め上げると口を大きく開けて咥え頭を上下に振り始める。
私はクリトリスを舐めながらゆっくりと人差し指を入れ抜き差しする。
「はぁ・・・あん・・・あぁぁ・・・だめ・・・イク・・・いっちゃうぅぅ」私の舌と指でいかされ「はぁはぁ」と息を切らす由香里。

私は由香里の花弁に亀頭を押し付けると入口で愛液を塗り込む。
そしてゆっくりと腰を沈めていく。
ゆっくりと由香里の花弁の肉壁をペニスに感じながら奥へ奥へと入れていくと由香里は身体を反らしたまま「ううぅぅ~あぁぁ~」と半分ペニスが入ったところで腰をガクガクさせる。
ゆっくりとペニスを抜き差し腰を振ると「あぁん・・・啓太・・・啓太」と言って私にしがみ付き始め唇を重ねると舌を入れてくる。

徐々に動きを速め、少しずつペニスを子宮口目掛けて進め花弁の中を拡張していく。
花弁からは愛液が溢れシーツを濡らし始めている。

私はペニスを一気に奥まで入れる「ぐぅっ」を出し私の背中にツメを立てる。
ペニスをゆっくりと入り口近くまで引き抜き、また子宮口に亀頭を押し当てる。
「ひぃ~ああああぁぁ~」と大きな声を上げるとペニスを動かす度に頭を横に振り髪を乱す。
「あぁぁ~だめぇ~出ちゃう・・・出ちゃう」と言い身体を激しくガクガクと痙攣させ始める「いやぁ~」と言う声と共にプシャーっと潮を吹き上げる。
ガクガクする由香里の片足を上げる様にし、子宮口を犯すように奥を突き上げ続ける。
「あああああぁぁぁぁ・・・」と声にならない声を上げて身体を痙攣させ全身から汗を吹き出す。

私は腰を振り続けると「いくっ」と言い子宮口に亀頭を押し当てる「いく・・・またいっちゃう・・・あぁぁぁぁ~~」と絶叫する由香里。
亀頭が大きく膨れると精子が勢いよく由香里の子宮の中に注がれる。
由香里は子宮の中に私の精子を注がれると身体を激しくバウンドさせ意識を失ったように倒れ込んだ。



人気ブログランキングへ


客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
テーマ : 18禁・官能小説    ジャンル : アダルト
 2015_07_21




プロフィール

erohituduma

Author:erohituduma
人妻を題材にした官能小説を書いています。
よろしくお願いします。
コメントなどを頂けると励みになりますm(__)m

エロエロな人妻を観てみませんか?

2000円分の無料ポイントありです♪

憧れのCAとの出会い

PR

QRコード

QR

メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。