FC2ブログ



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
 --_--_--



22時に母の携帯電話がなり、「・・・大変ね。わかったわ」と言うと電話を切った。
リビングで一緒にテレビを観ていた私に「沙知絵ね、しばらく一緒に暮らすから」と言うと2階にある私の部屋の隣にある空き部屋を片付け始めた。
沙知絵とは母の妹で、結婚し他県で暮らしていた。

私の家は一人っ子の私(祐樹21歳、大学生)と母親(45歳)の二人暮らし。
母はスナックのママをしている。
父親は3年前に交通事故で他界していた。

お昼を少し過ぎた頃、大きなキャリーバックを抱えた叔母の沙知絵(39歳)が玄関に現れた。
沙知絵は旦那と離婚したらしく、行き場を無くして姉を頼って我が家に転がり込んできた。
叔母の家に子供は居ない。

玄関で母親と一緒に沙知絵を出迎えると「あら~ゆうちゃん大きくなったわね~」と言ってニコッと笑うと母親に無い独特の女の匂いを振りまきながら家の中に入った。

叔母は子供を産んでいないせいかスタイル抜群で、もうすぐ40歳とは思えない程に肌にハリがある。

私は叔母の荷物を二階の空き部屋に運び終えリビングに戻ると、母と叔母はキッチンの横にあるテーブルを挟んで座り離婚の原因を話しているようだった。
リビングとキッチンは繋がっており、テーブルの下が見える。
椅子に座る叔母のスカートの中の青いパンティーが良く見え、気付かれないようにチラッ チラッと視線を向けたていた。

私は大学の長い春休みの真っ只中でバイトもしておらず、お金が無かったので家の中に籠っている。

リビングで足を閉じて座っていた叔母の足元が徐々に緩み、パンティーがハッキリ見え始める。
自然と視線を向ける回数を増やし叔母の下半身を視犯していると、一瞬叔母の視線がこちらを向き目が合った。
ドキッとした私は視線をテレビに向け何事も無かったかのように振舞う。

再びパンティーに視線を向けると、まだ足は開いたままでバッチリ見えた。
だが・・・視線を上に向けると叔母もこちらに視線を向けており、目が合う。

ヤバイ・・・立ち上がると少し膨らんだ股間を隠すように二階の自分の部屋に上がり扉を閉めた。
ドキドキと心臓の音が響く。

パソコンを付けて高ぶる鼓動を消そうとインターネットで動画を見た。
30分くらい経った頃、扉が「コン・コン」とノックされ開けられると叔母が中に入ってきた。
「へぇ~これが、ゆうちゃんの部屋かぁ~」
「結構綺麗にしてるじゃない」
と言うと動画を座って観ている私の横に立つと耳元で
「覗いてたでしょ・・・姉に言っちゃおうかな~」と言う。
「えっ」と言葉を詰まらせ下を向いた私に
「冗談よ・・・これからお隣さん同士よろしくね」と私の顔を覗き込むと去って行った。

しばらくすると一階から母が「ゆうちゃん母さん行ってくるから~」の声が聞こえ一階に母を見送りに下りた。
叔母も降りてきた。
叔母はリラックスできる服装に着替えており、胸元が少し開いた長めのTシャツにスパッツを履いている。
母が「じゃあ晩御飯二人で適当に食べてね」と言いスナックへと向かった。



人気ブログランキングへ


客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : 18禁・官能小説    ジャンル : アダルト
 2015_07_16



晩御飯は叔母の沙知絵が作ってくれた。
二人でキッチンのテーブルに向かい合って座り夕食を食べる。
私は叔母のパンティーを覗き見ていた事がバレ気まずく感じ、叔母の質問に答えるだけだった。

夕食を終えると私はリビングでソファーに座りテレビを観た。
叔母はキッチンで洗い物をしている。
「キャッ・・・ゆうちゃん」と叔母が私を呼ぶ。

私がキッチンへ向かうと叔母は私の腕にしがみ付き「ゴキブリ」と言う。
ゴキブリは見当たらず「ゴキブリ逃げたのかな・・・居ないよ」と言う私の腕に豊満な胸を押し当てる。
胸を押し当てられ叔母の胸の谷間に視線を向ける。

童貞の私に叔母の胸の感触と谷間はかなりの刺激だ。
股間が膨らみ始めた私は「もう大丈夫だよ」と言ってリビングへと戻った。

叔母は洗い物の続きを終えるとコーヒーを淹れてリビングに持ってくると、前屈みになり私の分のコーヒーを置き「飲む?」と暫らく同じ前屈みの体制で私の方を見る。
胸元から中の豊満な胸が重たそうにブラジャーに支えられている所がバッチリ見える。
視線のやり場に困った私はコーヒーを取ると「ありがとう」と言ってテレビに視線を移した。

一時間後、一緒にテレビを観ていた叔母がシャワー浴びてくるわと言って立ち上がり浴室へと向かう。
時計を見ると22時になっていた。
叔母はシャワーを浴び終えると、「今日は疲れたから先に寝るね~」と言って二階へと上がって行った。

私もシャワーを浴びに浴室へと向かい、下着を脱いで洗濯機へ入れようとした時、昼間見た青い叔母のパンティーが中に入っているのに気付く。
思わず洗濯機の中から取り出すと匂いを嗅いだ。
ペニスが勃起する。
家の中に誰も居なければ、このままパンティーに匂いを嗅ぎながらオナニーをしたいところだ。

パンティーの誘惑に負けそうになりながらも、シャワーを浴びて二階の自分の部屋に向かいベッドに寝転んだ。
いつもの就寝時間より少し早いが、叔母が居て慣れないからか疲れて眠くなっていた。

ウトウトと眠りに就こうとしたとき、隣の叔母の部屋から「んん・・んんんんッ」と薄い壁を伝い声が聞こえる。
『まさかッ』身体を起こし壁に耳を当てる。
「んん・・あっ」と叔母の喘ぐ声とブーンと言うモーター音が聞こえる。
喘ぎ声は壁に耳を当てなくても聞き取れるくらいに大きくなり「あぁぁ~あんッ・・・はぁ~」と響く。

私はペニスを痛いくらいに固くしていた。

「はぁ~んん~あぁぁ~」
叔母の喘ぎ声を聞きながらペニスをシゴキ始めた。
叔母を犯している事を声を聴きながら妄想し、5分もしないうちに射精しそうになりティッシュをペニスに被せると精子をティッシュの中に大量に吐き出した。

いつもの倍の量は精子が出た気がする。

私がティッシュを取って暫らくすると、叔母の部屋からもティッシュをとるシュッシュッという音が聞こえた。

私は女性とセックスはした事が一度も無かったが、セックスしたかのような疲労感でそのまま眠りに就いた。




人気ブログランキングへ
客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
テーマ : 18禁・官能小説    ジャンル : アダルト
 2015_07_16



何度も叔母の沙知絵の胸を揉み乳首に吸い付き、腰を振る夢を見ていた私は「ゆうちゃん・・・ゆうちゃん」と言う叔母の声で起こされた。
布団を剥ぎ取られると叔母の夢を見て股間を膨らませていた。
「ゆうちゃん朝から元気ね~」叔母が私の股間に目を遣りながらニコっと笑って言うと、「さぁウオーキングに行くわよ!着替えてッ」と命令する。

時計を見ると5時30分だ。
良く見ると叔母は髪をアップさせて結びTシャツとジャージズボンに着替えウオーキングの準備が済んでいる。

「え~眠いよ・・・」まともな運動等した事も無く、朝が弱い私だが叔母のうなじと女性の匂いに誘われ準備を始めた。

母はスナックから2時~3時に帰ってくるが、お昼までは起きてこない。

叔母と二人のウオーキングは最高だった。
叔母の豊満な胸が揺れるのを楽しみ、ワザと少し遅れてジャージズボンに跡を浮かび上がるパンティーラインを見て楽しんだ。
1時間くらいのウオーキングで汗が噴き出したが心地良い汗だ。
こんなに動いたのは高校の体育の授業以来だった。
心地良い汗ではあるが、久しぶりの運動に少しグッタリした。

家に帰ると叔母が先にシャワーを浴び、叔母が出ると私も続いてシャワーを浴びた。
そして叔母の作ってくれた朝食を食べるとリビングのソファーに座って寛ぎ、心地よい疲れでウトウトし寝てしまう。
私は肩に重さを感じ目を開ける。
叔母が私の肩に頭を乗っけてスヤスヤと寝息を立てている。

叔母の髪の毛から良い匂いがする。
胸を押し付ける様に密着し腕を絡めている叔母。
叔母はノーブラだった。
腕に当たる柔らかい胸の感触とシャツに乳首の跡が浮かんでいる。

ドキドキして眠気は吹っ飛んだ。

暫らくジッとしていたが、少し肘を動かしてワザと胸に押し付ける。
叔母は無反応だ。
調子に乗り何度も肘を胸に押し付けムニムニっと肘で柔らかい胸の感触を楽しんだ。

叔母は動かなかったが、シャツに浮かぶ乳首の跡がどんどんハッキリしていくのが解った。
私のもう片方の手が吸い寄せられるように叔母の胸を目掛けて動く。
恐る恐る胸に手を当てると揉む・・・やわらかい・・・。
気付かれないように、あまり力を入れずに何度か揉むと叔母の口から微かに「んん・・・はぁ」と吐息が漏れる。

私はペニスが勃起させ股間が大きく膨らませている。

叔母の手がピクッと動いた瞬間、後ろから寝室を扉を開ける音が聞こえ、母が近づいてくるのが解った。
私は慌てて叔母の胸から手を引くと寝たふりを続けた。

私と叔母がリビングのソファーに座り寝ているのを見た母は「あらあら、仲がいいのね~」と独り言を言うとキッチンで水を飲んでいるようだった。
私は勃起した股間を母に見られるのを恐れドキドキしている。

私の肩にもたれ掛り寝ていた叔母が身体を起こすと「あらッ・・・いつも間にか寝ていたみたい」と言って姉の方を向き立ち上がる時、私の大きく膨らんだ股間に手を突きギュッと握った。
『えっ』心の中で声を上げる私。
ひょっとして私が胸を揉んでいたのも知っていたのか・・・そう思うと心臓がドクンドクンと大きな音を立てるのが解った。
今、起きるわけにはいかない・・・私は寝たふりを続けた。

キッチンのテーブルに座り話し始める母と叔母。
最初は叔母の今後の事についてだったが、母が叔母に「あの子をあんまり誘惑しちゃだめよ・・・きっと、まだ童貞だし」と言う。
叔母が「えっ・・・童貞なの・・・ふ~ん」と言ってこっちを見ている視線を感じる。

叔母が話しを続ける「21歳で童貞だなんて可哀想よ。結構いい男なのにね。私が・・・」と言おうとした瞬間、母が「こらッ、あの子は私の物なのッ手を出さないで」と笑いながら言う。
「あぁ~姉さんズルい~。私ゆうちゃんの彼女になろうと思ってたのにぃ~」と叔母も笑って言い、その場の話しは終わった。

私は母と叔母の話しをドキドキしながら聞きながら、起きるタイミングが解らなくなっていた。




人気ブログランキングへ


客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
テーマ : 18禁・官能小説    ジャンル : アダルト
 2015_07_17



寝たふりをしていた私は本格的に寝ていたようで、気付くと昼ご飯も食べずに夕方になっていた。
母のバタバタと仕事の支度をする音で起きたようだった。

「おはよう!よく寝ていたわね~母さん行ってくるわ!」そう言うと二階を見て叔母に「じゃあ行ってくるから、よろしくね~」と言う。
二階から「は~い。いってらっしゃ~い」と言う叔母の声が聞こえた。

母が出かけて扉を閉める音が聞こえ、暫らくすると二階から叔母が私を呼ぶ声が聞こえる。
叔母の部屋を開けると叔母は服を着たままうつ伏せに寝ており「ゆうちゃん悪いけどマッサージしてよ」「叔母さん肩と腰のコリが酷くて」そう私に告げる。

「え~、俺マッサージ下手だよ」と言う私に「大丈夫よ。早く」と言って催促する叔母。

私は寝ている叔母の横に座ると、まず肩から揉み始める。
「結構上手いじゃないッそのまま腰も揉んで」
横に座ったまま腰を揉むと
「私の上に跨って両方の手で」と指示される。

私は指示されたとおり叔母の上に跨る。
やわらかいお尻の上に腰を下ろすと両手で腰を言われるとおりにマッサージする。
「はぁ~気持ちいいわぁ・・・んっ・・・はぁ」と色っぽい声を出す叔母。

私は夕暮れ時の明かりの点いていない叔母の部屋で色っぽい声を聞き、お尻のやわらかい感触に勃起し始める。
叔母が私にそのまま肩を両方の手で揉むよう指示する。
私の大きくなった股間が肩を揉むため前屈みになると叔母のお尻の割れ目に食い込む。

私が勃起したペニスを気にしながら揉むと「あぁ~いいわぁ~はぁ~」と色っぽい声を出す。
私のペニスはギンギンに勃起しており、パンツの中はカウパーで濡れている。
叔母は「ありがとう。気持ちよかったわ」と言うと私は立ち上がる。

「はい。今度はゆうちゃんが寝て」と言う叔母に「俺、大丈夫だよ」と伝えると勃起したペニスを悟られないように後ろを向いた。
「いいから いいから」と立ち上がった叔母に両肩を掴まれると、寝かされる。
「叔母さん結構上手いのよ」そう言い私の上に跨ると肩から腰をマッサージする。

私はマッサージの事よりも叔母の股の温もりで勃起し続け股間が痛くなり少し腰を浮かせる。
しばらくすると「はい、仰向けになって」と言われビクッとする。
完全に勃起しているのがバレる。
「いや・・・いいよ」と言うが「ほら早く早く」と急かされて仰向けにさせられると、叔母の手が私の股間に伸びる。
「えっ・・・」と言う私に「大丈夫・・・叔母さんに任せて」と言い私のズボンとパンツを脱がせると直にペニスを握る叔母。

ゆっくりと手を上下させると叔母の顔がペニスに近付いて行くのが解る。
叔母の息がペニスに当たるのを感じた。
次の瞬間、ゾクゾクする感覚が走る・・・叔母の舌がペニスの下の方から上へと上がってくる。
ぴちゃっぴちゃっと私の亀頭の先端から溢れるカウパーも一緒に舐め上げると、私のペニスが温かい叔母の口の中へと吸い込まれていった。

そして暖かい叔母の口の感覚がゆっくりと上下に動く、叔母が私のペニスを咥えたまま頭を上下に動かしている。
ジュボジュボと音を立て、時折り口からペニスを出すと手でシゴキながら「ゆうちゃんの大きいし固いわぁ~」そう言うと再び口を開けペニスを咥える。
そして頭を早く振り始める。
咥えられてから5分も経たない内に私は猛烈に感じ、「叔母さん・・・だめ・・・出ちゃうよ」と情けない声を上げる。
叔母はその声を無視するように頭を振り続ける。

私は限界に達すると叔母の頭をつかみ「いくッ」と言うと喉の奥目掛けてドビュッ ドビュッと精子を吐き出し、あまりの快感に腰をガクガクさせた。
叔母は私の精子を全て飲み、ビクンビクンと動くペニスをチューっと吸い、残っている精子も全て飲み干す。

私の方を見て「ゆうちゃんの濃くて美味しいぃ~」と言ってニヤッと笑みを見せた。

そして「さぁスッキリした?じゃあ晩御飯にしましょうか」とサッパリした声で言うと一階へと降りて行った。
私は少し放心状態で叔母の部屋に居たが、叔母の後を追うように一階へと向かった。



人気ブログランキングへ
客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
テーマ : 18禁・官能小説    ジャンル : アダルト
 2015_07_17



私が一階へ降りると叔母は私にニコッと優しく微笑みかけると夕食の準備を続けていた。
私は一度は叔母の口の中で出したものの、既にペニスは勃起していた。

ペニスを勃起させたままで叔母の作ってくれた夕食を食べる。

食べ終わると股間を膨らませ叔母にワザと見える様に食器を流し台に持って行く。
叔母は私が勃起させている事に気付く。
「ゆうちゃん凄いわね・・・もう少し待っててね」そう言って食器を洗い終えた叔母は、「ゆうちゃんの部屋へ行こう」と一緒に二階へ上がった。

私の部屋に入ると電気を薄暗くし、シャツを脱ぎ始める叔母。
「ゆうちゃんも脱いで・・・」叔母の言うとおりに服を全て脱ぐ。
叔母の豊満な乳房に目が行く。
叔母は全裸になると既に裸になっている私に近付き、私と唇を合わせる。
「今からの事は誰にも言っちゃだめよ・・・いい?」と私に言う。
私は頷くと叔母の胸にむしゃぶりつきベッドに押し倒す。
「あんっ そんなに焦らないで・・・」
そう言いながら私の頭を掴んでグイグイ胸に押し付ける叔母。
乳首を口の中に含むと「はぁ~ん・・・いいわぁ~もっと吸って」「優しく噛んでぇ~ひぃぃ~いい~」と叔母の指示されるままに責める。
叔母が「さぁ・・・ゆうちゃん叔母さんのアソコ舐めて」と言って私の頭を下に誘導する。

初めて間近で見る花弁、既にぱっくりと開いた状態で濡れて光っている。
私は夢中になって花弁に口を付けて吸う。
叔母はビクッと身体を動かすと「あぁ~いい~もっと舌を舌を使って」「そう舐めるの下から上へ」「あぁぁ~いいわぁ~ゆうちゃん上手よぉ~」そう言って私の口に腰を浮かせて花弁を押し付ける。

叔母が私の頭に手を置き「ゆうちゃん・・・叔母さんが初めての人でいいの?」と聞いてくる。
「俺・・・叔母さんがイイんだ・・・叔母さんの中に入れたい」私は夢中で花弁を舐めながら答える。

叔母は「ゆうちゃん叔母さんの中へ入れて」と私を導く。
私は叔母の花弁の辺りに亀頭を押し付けるが中々上手く入れる事が出来ない。
叔母が私のペニスにそっと手を添えて「ここよ」と誘導する。

私のペニスが叔母の花弁の中へズブズブと入って行く。
叔母の花弁の肉壁を押し広げ、何とも言えないヌルヌルとしペニスを温かく包み込む感覚。
叔母は私のペニスが入っていくと「あぁぁぁ~すごい・・・大きいぃぃ」と身体を弓なりに反らせて喘いだ。

私は奥までペニスを入れるとギコチナイ動きで腰を振り始めた。
叔母は豊満な胸をブルンブルンと揺らすと「あぁぁ~すごい・・・やだ・・・いくッいっちゃうぅぅ」と声を上げて身体をピーンを硬直させると小刻みに揺らすと私に抱き着くと唇を貪ってきた。
腰を振るのに夢中だった私は叔母に唇を貪られ舌を吸われると急にイキそうになる・・・慌てて抜こうとするが叔母が抱き着いて居た為、そのまま中に精子を出し始めた。

「あぁぁぁ~ゆうちゃん中はダメ・・・あぁぁ~」叔母は私の精子を花弁の中で受けると再びイッタのか身体を激しくガクガクとさせた。
そして少し抱き合ったまま花弁の中でビクンビクンとペニスを動かす私に「ねぇゆうちゃん・・・私を彼女にしてくれる?」と可愛らしく聞いてくる。
私が「俺・・・叔母さんの事好きだ」と言い抱きしめると「嬉しい」と叔母も抱きしめ返した。

ムクムクと花弁の中で再び大きくなるペニス。
花弁の入り口と中をイッパイに広げ、十分な固さになると私は腰を振り始める。
叔母は「えっ・・・ウソ・・・スゴイわ」と言って私に舌を絡める。
ガシガシと勢いよく腰を振り花弁の奥を突きまくる。
「あぁぁ~子宮に響くわぁぁ~こんなのって・・・・あぁぁっぁぁ~」再び腰をガクガクさせてイク叔母。

私は叔母がガクガクしてもお構いなしに腰を振り続ける。
叔母は身体から汗を吹き出して狂ったように喘ぎ始め「ひぃぃ~んん~~~ああああああ~~~」と胸をブルンブルンさせ悶え、頭を左右に振って「だめ・・・死ぬ・・・死んじゃうぅぅ~」と言い花弁の中をギューと縮めた。

私は花弁の奥にペニスを押し付けると子宮口を目掛け、本日3回目とは思えないような大量の精子を吐き出し始める。
「あぁぁ~熱い・・・入ってくる・・・・いいいい~いく・いくぅぅぅ」叔母が絶叫に近い言葉を発すると、その場にぐったりと横たわり身体をビクンッビクンッと大きく弾ませた。
私は花弁からペニスをズリュッと引き抜くと叔母の花弁からドローっと大量の精子が流れ落ちた。



人気ブログランキングへ
客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
テーマ : 18禁・官能小説    ジャンル : アダルト
 2015_07_17




プロフィール

erohituduma

Author:erohituduma
人妻を題材にした官能小説を書いています。
よろしくお願いします。
コメントなどを頂けると励みになりますm(__)m

エロエロな人妻を観てみませんか?

2000円分の無料ポイントありです♪

憧れのCAとの出会い

PR

QRコード

QR

メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。