FC2ブログ



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
 --_--_--



「いやぁ~~いやッ・・・いやッ・・・もうやめて・・・お願い・・・やめてぇ~ああぁぁ」
静まり返った我が家に私の叫びと喘ぎ声が響く。
私を椅子に縛り付け、手に持ったローターとバイブレターで私を弄ぶこの男は私の夫では無い。
全身を何度も何度も痙攣させ、初めて潮を噴き上げ私は身体をガクガクとさせていた。
ダイニングテーブルの椅子の周りは私の噴き上げた潮で水溜りができている。

私の家庭は共働き。
夫34歳と5歳の娘、2歳の息子の四人暮らし。
私は出勤前に子供を保育園に預けると、この満員電車に揺られて出勤していた。

1年間産休を取り、復帰した私に求められるもの・・・それは営業ノルマ。
元々、事務方だった私だが産休中に新人がその席に座り、復帰した私に与えられた仕事が営業だった。
接待もあり夜遅くに帰る事もあるが、生活を支えなくてはいけないという思いから今この仕事を辞めるわけにはいかない。
子供を迎えに行くのは残業の無い夫の役割り。
夫はリストラの対象らしく、いつ会社を退職させられるか解らない。

そうなると・・・
私は契約を取る為に必死だった。
家に帰ると完全に覇気を失った夫が子供と一緒に寝ている。
そんな日々が何日も続いていた。

私はギリギリの精神状態の中、この日も出社すると営業会議後に外回りに出た。
いつこの状態が終わるのだろう・・・そんな弱気な気持ちにもなるが、商談先の会社の前で気持ちを切り替える。

今日の商談先のT社は業界では中規模だが、このところ元気がある会社。
ここに入り込む事ができれば、営業成績は暫らくは安泰。
私はいつも以上に気合いを入れて商談へと臨んだ。

今日は石川常務と呼ばれている実質のNo1との商談で、豪華な応接室に通された。
しばらくすると石川常務が「おまたせ、はじめまして」と笑顔で現れた。
常務というから、それなりの年齢だと勝手に想像していたが、見た目30代半ばから後半の感じの良さそうな雰囲気。

そして、私の嗅覚を刺激する何ともいえないフェロモンのような匂いを出している。
私はその匂いを嗅ぐことに夢中になり、「どうぞ」と常務に二度ほど声を掛けられるまでボーっとしてしまっていた。

短めのスカートの中が見えるんじゃないか・・・そう思うくらい腰の方が沈み膝が上がる。
先程から嗅いでいる常務の匂いのせいか、愛撫もされていないのに乳首がピンと立ちブラジャーに擦れ、下半身も熱くウズウズとし始める。
「はぁ・・・はぁ」と呼吸が荒くなり・・・商談中が上手く行っているのかさえも解らない状態。
完全に思考が停止してしまっている。

石川常務の視線も私の説明する資料ではなく、私の胸やスカートの中に視線が注がれている。
私はパンティーに愛液で染みを作っていないかという心配もせず、閉じていた足の力をゆるめて少しずつ足を開き始めていた。

石川常務はそんな私を見るとニヤっと笑い「大丈夫?」と声を掛け、その言葉で私はハッと我に返り赤面した。
「少し休憩しようか」石川常務は私に優しく声を掛けると、身体から発する匂いを残し応接室を後にした。

「はぁ~」深い溜息を漏らし『大事な商談なのに・・・がんばらなくちゃ』そう自分に言い聞かせる。
暫らくすると石川常務が戻り「今日の商談はここまでね」と言われる。
頭を何かで殴られたような衝撃・・・私は無言で下を向いていた。

すこし間を置き石川常務が「これからランチ行くけど一緒に行かない?」と言葉を発すると「はい」と私は考えもせずに返事をしてしまっていた。
ただ、このフェロモンのようなオスの匂いを近くで嗅ぎ続け、自分自身がどうなるのか・・・不安になりつつ石川常務の後を歩き始めていた。


客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : 18禁・官能小説    ジャンル : アダルト
 2016_05_06



昆虫が甘い蜜の匂いに誘われるように、私は石川常務の後ろを歩き常務の車に乗る。
密室だと石川常務の発するオスの匂いで私の息は荒い。

常務は車を走らせ、郊外へと出ると大型ショッピングセンターの屋上に車を停めた。
なぜ、この場所に・・・そんな疑問はこの時はなく、ただ社内に漂う匂いを嗅ぎ中毒患者のようにボーっとしているだけだった。
廻りには車が数台停められているだけで人の気配はない。
おそらく平日の日中の人目に付かない場所を常務は知っていたのだろう。

私を包む常務のオスの匂いが強くなったと思った瞬間、常務は私のブラウスの上から胸を揉み首元にキスをしてきた。
ハッと我に返り「いやっ・・・ヤメテ下さい」と弱々しい声で抵抗する私。
だが常務の手や口は動きを止めない。

唇にキスされ舌が入ってくる。
「んん・・・」私は声にならないながらも舌を絡める事を抵抗していた私だったが、スカートの中に手が侵入しストッキングを破られパンティーを横にずらして花弁を指で弄られると次第に常務の舌に舌を絡め始めていた。
「はぁ・・・いや・・・だめ・・・」愛撫が続けられると言葉だけで抵抗するが、身体は常務の愛撫を悦び受け入れる。
愛液がどんどん溢れ、アナルの方にまで伝うのが解る。

常務の匂いを吸い、「あん・・・はぁはぁ・・・ああ」と我を忘れて喘ぎ声を上げた。
指で膣内を掻き回され、激しい快感とともに「だめ・・・だめ・・・いく・・・いっちゃうっ」と声を上げると私は果ててぐったりとする。
「はぁ・・・はぁ・・・」と激しく肩で息をし、オスの匂いを吸い込んでいた。

常務は車を降りると私の座っている助手席側のドアを開け、私の手を引いて車の外に私を出す。
そのまま後ろを向かされ車に手を突かせられると、スカートを捲り上げ濡れてビチャビチャになっているパンティを下ろされる。
濡れた花弁に冷たく心地良い風が当たる。

そして青空の下で私の中に常務のペニスがズンと勢い良く入れられ、私は仰け反った。
パンパンという音が屋上に響く、誰かに見られるかもしれないという感覚よりも快感に酔いしれる自分が勝っている。
「あん・・・あん・・・いい・・・いい・・」常務の腰の動きと共に喘ぎ声を上げる。

しばらく規則正しいリズムで動いていたペニスが熱く固くなり始め、動きもはやくなる。
常務は私の腰をガシっと強く掴むと「出すぞッ」と一言発し、そのままドクンドクンと膣の奥深くに精子を吐き出した。
しばらく、膣の中でビクンビクン動いていたペニスがズルりと抜かれると、私をしゃがませて精子と愛液でヌルヌルになっているペニスを私の口の中に捻じ込む。
私はそのペニスを口の中で綺麗に舐め上げ、花弁からダラリと精液を垂れ落としていた。

翌日から毎日のように石川常務に呼ばれT社の応接室、時には公園のベンチなど誘われれば色んな場所で快楽と石川常務の放つオスの匂いに酔いしれていた。

石川常務の計らいで私の営業成績は上がり他社への営業は必要なくなっており会社内での立場も良かった。
営業手当も大幅に増え、家計はかなり楽になり家庭内も明るい雰囲気になっていく。

だが、そんな幸せな家庭環境はこの後に起こった出来事で崩壊する事になる。


客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
テーマ : 18禁・官能小説    ジャンル : アダルト
 2016_05_07



石川常務と関係を持つようになり、身体の隅々まで強烈なオスの匂いで包まれている感覚が続く毎日。

時には夫から夜の営みを迫られる事もあったが、物足りなく感じてしまっている自分に気付いていた。
夫の行為が終わり、夫が寝息を立て始めると自ら熱く火照った花弁に手を這わせ、クリトリスを擦り上げ花弁の中で何度も指を出し入れし身体を何度もビクンビクンとさせるが、石川常務に抱かれたいと思う感覚は日増しに強くなっていった。

ある日、石川常務は車に私を乗せると行先を告げないまま車を走らせた。

身に覚えのある街・・・。

私の家の前で車が停まる。

えっ・・・今日は何も無し・・・そんなのっ・・・身体が疼く。

無言だった石川常務の口から「さっ行こうか」と告げられる。

「えっ」車から下ろされると思っていた私は、石川常務の意外な言葉で驚きの声を上げた。

「ほらッ いくぞッ」石川常務の強い口調。

元気なく「はい」と答えると、これから起こり得る事を想像しながら玄関の鍵を開けた。
石川常務はリビングで「へ~結構綺麗にしてるんだね」と言うと、隣に私を座らせる。

自分の家の匂いが石川常務のオスの匂いに染まっていく。

そして・・・その匂いを嗅ぎながら、身体の奥底が熱くなるのを感じる。

いつものようにブラウスの中に手を入れ胸を弄り、キスをする石川常務。
クチャクチャと音を立てながらお互いの舌を絡め合う。

胸を弄っていた石川常務の手は私の着ている服を器用に脱がせていく。
私はいつも以上に高鳴る自分自身の鼓動を感じていた。

自宅で自分のしている行為、拒まない自分自身の感情。
ただ、服を全て脱がされ石川常務の舌が私の花弁の侵入してくると激しい快感が勝り「あんっ・・・んん・・・はぁん」と大きな声で喘ぎ声を響かせていた。

ピチャピチャ・・・ズズッ。

私の愛液を美味しそうに啜り、勃起した私の乳首をコリコリと刺激する。

花弁から溢れる愛液は止めどなく流れ、身体をピクッピクッと動かし愛撫に酔いしれる。

そして花弁を舐める石川常務の頭を押し付ける様にしながら私は身体をガクガクとさせ絶頂を迎えた。

口を半開きにし力が入らない私。

石川常務は私に目隠しをすると一度絶頂を迎え敏感になっている私の乳首を甘噛みする。

「ひぃッ」声とは裏腹に乳首は固く勃起し始めた。

石川常務が胸からお腹を指を這わせていく感覚が視覚を奪われた私の脳裏にイメージとして浮かぶ。

そして指はゆっくりと花弁の中に入ってくる。
指のお腹の部分がスポットを優しくゆっくりと時間を掛けて何度も何度も撫でる様に動くのが解る。

そしてピチャクチャッとイヤらしい愛液の音が石川常務の指の動きに合わせて耳に響く。

花弁の中から奥へそして身体全身を激しい快感が襲い、私は「ダメッ・・・いくっ・・・いくっ・・・ああぁぁぁ~」と大きな声を上げると花弁の方から熱い物をビュッッビュッと噴射させる。

自分の意志では止める事ができない初めての経験・・・・その熱い噴射は暫らく続き、私はあまりの快感に意識を失っていた。
客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
テーマ : 18禁・官能小説    ジャンル : アダルト
 2016_09_10




プロフィール

erohituduma

Author:erohituduma
人妻を題材にした官能小説を書いています。
よろしくお願いします。
コメントなどを頂けると励みになりますm(__)m

エロエロな人妻を観てみませんか?

2000円分の無料ポイントありです♪

憧れのCAとの出会い

PR

QRコード

QR

メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。